解決事例 ブラック企業と闘う労働組合 プレカリアートユニオン

LINE労働相談始めました!
詳しくは右のアイコンをクリック
lineアイコン

03-6273-0699

(月~土 10時~19時)

解決事例


解決実績 一覧

2024年

4月
  • 仕事外しなどのパワハラ問題、春闘の賃上げ交渉について交渉していた東京都内の不動産会社と和解しました。
  • 未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内のタクシー会社と和解しました。
  • パワハラ、業務中に負傷した問題を含む春闘交渉について神奈川県内の運送会社と和解しました。
3月
  • パワーハラスメントにより休職を余儀なくされた問題について交渉していた販売店と和解しました。
  • 神奈川県内のホテルでのパワハラ、未払い賃金問題について交渉していた東京都内に本社のあるホテルの運営会社と和解しました。パワハラ、不利益変更、賃金不払いなどの問題に直面していた労働者2人が、プレカリアートユニオンに加入し、団体交渉を行ったところ、会社は未払い賃金問題、パワハラ問題の再発防止策を講じることを約束し、当該組合員が納得できる水準で解決金を支払うことを合意し、和解しました。
  • 社会保険料遡及加入に関わる労働者負担分の支払いや未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内の警備会社と和解しました。
  • 積立休暇取得に関するコミュニケーション不足により欠勤とされた件について交渉していた神奈川県内のインフラ関連会社と和解しました。
  • 2人の労働者の解雇と意に反した退職問題、ハラスメント問題などについて交渉していた東京都内の不動産会社と和解しました。
2月
  • 雇止め問題、未払い賃金問題について交渉していた東京都内の訪問看護ステーションの運営会社と和解しました。プレカリアートユニオンが団体交渉を行ったことにより、当該組合員は、雇止めが撤回され、正社員として雇用されました。
  • 夜勤時に労働から完全に解放されるという本来の意味での休憩が取得できないことによる未払い賃金問題について交渉していた、埼玉県内の介護事業所運営会社と和解しました。今後休憩が取得できない場合は、労働基準法に則って賃金を支払うことも合意しました。介護事業所の夜勤時のワンオペは、休憩とされる時間も労働から完全に解放されることはなく、賃金の支払いが必要です。お心あたりの方は、プレカリアートユニオンにご相談ください。
  • 労災申請の妨害、労災での休業後に出勤日数を半減させ経済的に困窮させたこと、未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内の運送会社と和解しました。プレカリアートユニオンとの団体交渉のなかで、会社は今後は労災申請を適切に行うことを約束し、和解にあたっては会社が賃金不払いが生じたことについて遺憾の意を表し、当該組合員が納得できる解決金を支払うことで合意しました。
  • 雇止め問題について交渉していた東京都内の映像審査会社と当該組合員が納得できる解決金の支払いについて合意し、和解しました。
  • 退職勧奨、未払い賃金問題などについて交渉していた施設管理会社と和解しました。マンションの管理人として働く70代の当該労働者に対し、期間途中での退職勧奨がされたことなどからプレカリアートユニオンが団体交渉を行い、契約が更新され未払い賃金も支払われることになりました。
  • アルバイトのマッチングアプリを経由した労働問題について就労先の店舗と和解しました。
  • テイケイ(株)が、プレカリアートユニオンからの団体交渉申入れに応じなかったこと、プレカリアートユニオンや組合員などに対し誹謗中傷文書送付をしたことなどに関する、東京都労働委員会の不当労働行為救済命令の取消を求めていた訴訟で、(株)テイケイの請求が棄却されました。勝訴しました。被告は東京都で、プレカリアートユニオンも補助参加していました。
    https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2024/03/01/233853
1月
  • 未払い賃金問題について交渉していた栃木県内の運送会社と和解しました。
  • 退職強要問題、未払い賃金問題などについて交渉していた大阪府に本社のある介護事業所の運営会社と和解しました。当該組合員も納得して退職和解となりました。退職強要により退職届を書かされてしまいましたが、プレカリアートユニオンからの団体交渉申し入れから解決までの賃金が補償され、それを含む解決金の支払いを得ました。
  • 未払い賃金問題などについて交渉していた埼玉県内の運送会社と和解しました。ダンプカーのドライバーとして働いている当該組合員を会社は、個人事業主であるとし、残業代を支払わず、完全歩合制で賃金を支払っていました。また、賃金から同意なく天引きをされるため、生活費が足りずに会社から借金をするという悪循環のなかで働いていました。会社は、組合員が十分納得できる解決金を支払い、組合員も無事転職することができました。
  • DMUデモクラティック・ユニオン(前身はデモクラティック・ユニオン、その後DMU民主一般労働組合、DMU総合研究所と名称変更。清算人は宮城史門氏)による、プレカリアートユニオンと執行委員長の清水を被申立人とする東京都労働委員会の不当労働行為救済申立は、救済資格なしとして却下。当労組の主張が認められました。資格審査で、DMUデモクラティック・ユニオンは、労組法第2条の要件を欠くと判断されています。決定の内容な東京都労働委員会のウェブサイトに掲載されています。
    https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2024/01/15/10.html

2023年

12月
  • パワハラ、労災、未払い賃金問題について交渉していた東京都内の不動産会社と和解しました。引き続き、労働条件の維持向上に取り組んでいきます。
  • (株)クローバーが運営する介護事業所、クローバーライフ沼津で働くパート社員に冬期賞与(寸志)が払われました。正社員には業績に関わらず月給2か月分の賞与を支払っているにも関わらず、パート社員には賞与の支払いを拒んでいた(株)クローバーと団体交渉を行い、2023年12月に支給する冬期賞与(寸志)をパート社員にも支払うことで合意し、支払われました。会社は、2024年春の決算賞与は、パート社員にも支払うことを約束しました。
  • 解雇、未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内のアパレル販売会社と和解しました。団体交渉を申し入れたところ、解雇は撤回され、減額された賃金にあたる解決金が支払われ、当該組合員が納得できる解決をすることができました。
  • パワーハラスメント、賃金不払い、賃上げについて交渉していた東京都内の行政サービスを提供する会社と和解しました。6人で職部支部を結成し、労働条件の向上に取り組みました。専門的な知識や経験が求められる業務であるにも関わらず、専門性の高さが給与に反映されていなかったため、時給1400円から時給1650円へ賃上げを実現し、退職者も含めて2023年4月に遡って賃上げをしたものとして差額分を解決金として支払い、労働から完全に解放されていなかった休憩時間の一部と上長からのパワーハラスメント被害についても解決金を支払うことなどで合意しました。
11月
  • 未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内の警備会社と和解しました。
  • 未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内の介護事業所(有料老人ホーム、デイサービス)を運営する会社と和解しました。
  • 未払い賃金問題、不当労働行為問題について争っていた東京都内の口腔ケア関連会社と、不当労働行為救済申し立てをしていた東京都労働委員会で和解しました。
10月
  • 株式会社クローバーと、本日、東京高等裁判所で、組合員23人が原告となった未払い賃金等請求訴訟について、和解することができました。
    静岡県沼津市の介護施設を運営する(株)クローバー(本社は神奈川県平塚市。
    サン・ライフグループ)に対し、プレカリアートユニオン静岡支部クローバー分会の組合員23人が、休憩とされた時間の未払い賃金やパート職員への賞与支払いなどを求めて、2020年1月、静岡地方裁判所沼津支部に提訴。今年2023年3月の判決後、東京高等裁判所に控訴していました。
  • 解雇問題について交渉していた東京都内の警備関連会社と和解しました。
  • PIPを迫られた問題などについて交渉していたダイソン(株)と雇用をめぐる一切の問題について当該組合員が和解しました。ダイソン(株)でPIPの書面にサインを強いられている方、退職勧奨・退職強要をされている方、同意する必要はありません。泣き寝入りせず早急にご相談を。
  • 解雇問題について交渉していた神奈川県内のIT企業と和解しました。
  • ハラスメント問題、未払い賃金問題について交渉していた東京都内の運送会社と和解しました。当該組合員は、倉庫内作業に従事。今後も労働条件の維持向上に取り組んでいきます。
9月
  • 未払い残業代問題について交渉、裁判を行っていた埼玉県内の運送会社と労使紛争の全てについて和解しました。
  • ラオックスホールディングス(株)と過去の不利益変更問題などについて和解しました。
  • 東洋テック(株)と未払い賃金問題などについて和解しました。
8月
  • 東京都内のコンサルタント会社と不当労働行為問題について和解しました。
7月
  • 有期雇用労働者の雇止め問題について交渉していた東京都内の介護事業所を運営する会社と、解雇撤回、正社員として職場復帰を実現し和解しました。
  • パワーハラスメント問題とパワハラによる休職などについて交渉していた東京都内のIT企業と、復職を実現し再発防止策を実行させて和解しました。2023年春闘要求も合わせて申し入れ、物価上昇手当も支払われました。
  • 未払い賃金問題などについて交渉していた神奈川県内のタクシー会社と和解しました。これまで相談を受けたタクシー、ハイヤーの労働者で、未払い賃金がなかったことはありません。まずはご相談ください。
  • パワハラに遭った上、退職勧奨され、適応障害となり休職を余儀なくされた問題で交渉していた東京都内のIT企業と、就労環境を改善させて復職、和解しました。会社は、加害者との対面での接触をできるだけ減らすなどの安全配慮義務を履行し、パワハラに関する社内調査を行った上で、加害者に注意・指導し、懲戒処分を行いました。また、会社はハラスメントに関する社外相談窓口の設置、全従業員を対象にしたハラスメント研修を本年7月末までに実施し、来年以降も年1回は開催することなどを約束しました。30代の当該組合員は、入社したばかりのIT企業で、先輩社員からパワハラを受けた挙げ句、まるで自分に問題があるかのように言われて退職勧奨され休職し、プレカリアートユニオンに相談、加入しました。組合員になれば、職場復帰後にもし、パワハラや退職勧奨・退職強要があっても組合を通して問題解決できることを伝え、会社にハラスメント対策を要求しながら復職を実現。加害者への対応も行われました。
6月
  • 未払い賃金問題などについて交渉していた神奈川県内のIT企業と和解しました。引き続き、安心して働ける職場になるよう、労働条件の維持向上を求めていきます。
  • 未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内で介護事業所を運営する会社と和解しました。
  • 雇止め問題について交渉していた東京都内の派遣会社と和解しました。契約終了の直前に雇止めを通告されたことについて、結果として当該派遣労働者の就職活動に支障が生じ、経済的に困窮したことについて一定を解決することができました。
  • 定年後再雇用の賃金減額問題などについて交渉していた東京都内のIT企業と和解し、在職で組合員が納得できる賃金水準と就労環境を実現することができました。
  • 年次有給休暇取得を申し出たところ、仕事を外され解雇された件などについて交渉していた東京都内の広告代理店と、東京都労働委員会の不当労働行為救済申立手続きのなかで和解しました。 解決のためにご尽力くださった皆様に感謝します。
5月
  • 3人のドライバーの未払い残業代問題などについて交渉していた栃木県内の運送会社と和解しました。うち1人については、不合理な出勤停止処分、解雇を撤回して解決。ハラスメント防止、長時間労働の抑制、年次有給休暇の取得促進、1分単位での適正な賃金の支払い、配車差別の是正など8項目についても合意しました。
  • 配送部門で働く非正規社員の未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内の大手飲食チェーンを展開する会社と和解しました。15分単位で切り捨てていた労働時間の未払い賃金を支払い、交通費の支給も実現しました。引き続き、格差是正に取り組んでいきます。
  • パワハラ、解雇問題などについて交渉していた東京都内の医療機関と、東京地方裁判所で、労使紛争の一切について和解しました。
4月
  • イースタンエアポートモータース(株)と、プレカリアートユニオンの組合員6人が原告となって東京地裁に提訴していた未払残業代等請求事件で、和解しました。引き続き、ハイヤーのドライバーの労働条件の維持向上に取り組んでいきます。
    https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2023/04/21/002726
  • 未払い賃金問題などについて交渉していた千葉県の社会福祉法人松の実会と和解しました。松の実会に加入通告し、未払い賃金問題などについて交渉、解決をした組合員は3人になりました。交渉を契機に、休憩が取得できるようになり、このたびは、職員が新型コロナウイルス感染症に感染した際の対応、インフルエンザ予防接種費用の支給についても、労働条件が改善されました。引き続き、労働条件の維持向上に取り組み、利用者にとっても職員にとってもよい施設になるよう、取り組んでいきます。
  • 未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内の派遣会社と和解しました。
  • 明成物流支部の2023年春闘交渉で、新規に創設された手当を含めて5%以上の賃上げを実現し、妥結しました。
  • 給湯器販売会社との2023年春闘交渉で、5000円の賃上げなどを実現し、妥結しました。事務職として働く女性の賃金が安く、職場で女性が軽んじられ ている状態を改善するべく、2021年10月から待遇改善の交渉に取り組んでいます。これまでに、月額1万2000円の賃上げを実現し、2023年の春闘でも月額5000円の賃上げを実現しました。さらに、当該組合員が女性であることを理由に教育訓練を含む処遇について差別的取り扱いをしないことも合意。給湯器のリモコンに関する説明書の性別役割分業を固定化するイラストを改善するよう求めたことについても、指摘を受けたメーカーが改善する方向、という回答がありました。
  • 腰痛に関する安全配慮と未払い賃金問題について交渉していた、東京都内の介護事業を営む会社と、当該組合員が納得する水準で、早期に和解することができました。
3月
  • 静岡県沼津市などで介護事業所を運営する株式会社クローバーに対する、プレカリアートユニオン組合員23人が原告となる未払い残業代等請求訴訟で、3月27日、静岡地裁沼津支部にて、被告の会社に対し約2000万円の支払いを命じる判決が出されました(代理人は、旬報法律事務所の佐々木亮弁護士、梅田和尊弁護士、小野山静弁護士)。変形労働時間制の有効性が争点になっていました。クローバーは、神奈川県平塚市に本社がある、冠婚葬祭のサン・ライフグループ傘下の会社です。プレカリアートユニオンが介護事業所で働くパート労働者にも僅かな賞与を支払うよう求めたところ、(株)クローバーは、パートには賞与を1円も支払わないことに固執し、3年間も団体交渉を拒否しました。組合が不当労働行為救済申立を行った東京都労働委員会では、2020年3月には団交応諾を命じる命令が出されました。これを不服として会社は中央労働委員会に再審査を申し立て、中労委で、3月13日にプレカリアートユニオン側の勝利和解が実現しました。3年ぶりに団体交渉が再開されます。
  • 多摩美術大学で契約期間が5年になる直前で雇止めを通告された職員の雇止めが撤回され、無期雇用への転換も実現しました。多摩美術大学ユニオン(プレカリアートユニオン多摩美術大学支部)では、他に、非常勤講師の雇止めも撤回させて雇用が継続。契約更新の際に途中から契約年数の上限を通知したことについても撤回させています。また、2021年から要求してきた、非常勤講師の科研費申請を可能にする制度が新設されました。制度の説明や交渉の方法について、支部長の小田原のどかさんが、動画でご解説しています。
    https://youtu.be/c3nLZ00YRCg
  • パワーハラスメント問題、未払い賃金問題について交渉していた運送会社の(株)フレッシュロジスティックスと和解しました。同社で2人目の加入・解決です。
    https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2023/03/23/215106
  • 未払い賃金問題、退職時に年次有給休暇が取得できなかった問題について交渉していた埼玉県内の運送会社と和解しました。年次有給休暇は、全て取得した上で退職でき、請求通りの未払い賃金が支払われました。
  • 未払い賃金問題について交渉と裁判も行っている埼玉県内の運送会社と、組合員3人のうち1人の件について、組合員本人が納得できる水準で和解することができました。これに伴い、当該組合員については裁判を取り下げ、これまでの不当労働行為問題についても東京都労働委員会への不当労働行為救済申立を取り下げて解決することができました。引き続き、残る組合員2人の未払い賃金請求訴訟、労働条件の維持向上に取り組み、職場で仲間を増やせるよう尽力していきます。
  • 雇止め問題、未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内で保育園を運営する(株)トキと和解しました。雇止めは撤回、未払い賃金も支払われ、業務中に園児から眼鏡を破損された件についても解決することができました。
  • 不利益変更問題について交渉していた東京都内のIT企業と、会社が申し立てた都労委のあっせんの場で和解のはこびとなりました。組合員が心身の健康を保って、労働条件を維持して働き続けられるよう、引き続きサポートしていきます。
    https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2023/04/05/212223
  • 【高裁でも勝利、判決確定】DMU総合研究所(DMU民主一般労働組合から名称変更)と宮城史門(前田史門)氏に対する名誉毀損訴訟で、東京地裁でのプレカリアートユニオンの勝利判決に続き、2023年3月8日、東京高等裁判所でも地裁判決を維持、勝利判決が出され、この判決が確定しました。
    https://www.precariat-union.or.jp/file/top_news_07.pdf
2月
  • 賃金不払い、ハラスメント問題について交渉していた埼玉県内の建設関連会社と和解しました。
  • 不当な自宅待機を命じた上、解雇を通告した問題などについて交渉していた東京都内の医療関連サービス会社と和解しました。会社側が、当該組合員について、前職の年俸を偽って入社したと疑義を表明したことについては撤回し、遺憾の意を表明。当該組合員も納得できる早期の解決に至りました。
  • 休業時の未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内のIT企業と和解しました。本来は必要のない休業を命じられ、休業が原因で評価が下げられたことなどについて会社は遺憾の意を表明し、解決金の支払い、その後の休業を理由に不利益な取り扱いをしないことなどを合意しました。円滑な復職に向けてサポートしていきます。
  • 元組合員宮城史門(前田史門)氏がプレカリアートユニオンに対し拠出金の返還を請求した訴訟で、2022年5月24日に東京地裁でプレカリアートユニオンが勝利、同年12月15日に東京高裁でも勝利していましたが、この高裁判決が確定しました 2022年5月24日、東京地方裁判所が、元組合員の宮城史門(前田史門)氏が、プレカリアートユニオンに対して拠出金の返還などを請求していた訴訟において、プレカリアートユニオン側の勝利判決を言い渡していました。原告の宮城氏の主張をすべて退け、「原告の請求をいずれも棄却する。訴訟費用は原告の負担とする。」とする判決です。
    判決文はこちら https://www.precariat-union.or.jp/file/top_news_06.pdf
  • 組合員の配転を巡る労使紛争について栃木県内の建設系の会社と係争状態となっていた全ての案件は、裁判所において、会社側の不当労働行為を否定する判決と、組合側の名所毀損行為の違法性を否定する判決がそれぞれ確定し、中央労働委員会の強い勧告により解決しました。
  • 契約期間途中の解雇問題、未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内の医療関連の派遣会社と和解しました。解雇を通告しておきながら、自己都合の退職届を書かせようとする会社が後を絶ちません。解雇には正当な理由が必要なのに、正当な理由がないにも関わらず労働者を辞めさせたい会社は、解雇だと言いながら、労働者をだまして退職届にサインをさせようとします(解雇ならそもそも退職届を書く必要がないはずです)。解雇通告をされてショックを受けても、退職届は書かずに、すぐに誰でも1人でも加入できる労働組合・プレカリアートユニオンにご相談ください。
1月
  • 公園の売店でアルバイトとして働く労働者の雇止め問題について交渉していた、東京都公園協会と和解し、雇止めが撤回され、職場復帰を実現することができました。

2022年

12月
  • 就労環境などについて交渉していた東京都内の警備会社と雇用に関する一切について和解しました。
  • 未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内の幼児教育関連会社と和解しました。引き続き、労働条件の維持向上に取り組んでいきます。
  • 未払い賃金を請求し交渉・裁判中の警備会社の西新サービス株式会社で、カシオ計算機本社ビルで警備員として働く組合員の早出時の準備時間の未払い賃金が過去に遡って支払われることになりました。休憩とされながら労働から完全に解放されていない労働時間の未払い賃金問題についても引き続き解決を目指します。
  • 未払い賃金問題、新型コロナウイルス感染症の労災問題、利用者への虐待問題などについて交渉していた埼玉県内で介護事業所を運営する社会福祉法人と和解しました。人員配置、安全配慮、利用者の安全確保・虐待防止、制服の支給、業務後のシャワー使用、1分単位での残業代の支払い、新型コロナウイルス感染症のクラスター発生時の危険手当の支給、非常勤職員への賞与支給など21項目の就労環境整備などについて合意。組合掲示板の貸与についても合意しました。引き続き労働条件の維持向上に取り組みながら、利用者の皆様が安心して過ごすことのできる、よりよい介護事業所となるよう尽力します。
  • 賃金減額、未払い賃金問題などについて交渉していた神奈川県内で社会福祉事業を行う法人と和解しました。引き続き、労働条件の維持向上に取り組んでいきます。
  • 元組合員宮城史門(前田史門)氏がプレカリアートユニオンに対し拠出金の返還を請求した訴訟で、2022年5月24日に東京地裁でプレカリアートユニオンが勝利、同年12月15日に東京高裁でも勝利しました。2022年5月24日、東京地方裁判所が、元組合員の宮城史門(前田史門)氏が、プレカリアートユニオンに対して拠出金の返還などを請求していた訴訟において、プレカリアートユニオン側の勝利判決を言い渡していました。原告の宮城氏の主張をすべて退け、「原告の請求をいずれも棄却する。訴訟費用は原告の負担とする。」とする判決です。代理人は、東京法律事務所の井上幸夫弁護士、平井康太弁護士です。これについて宮城氏が、東京高等裁判所に控訴していましたが、2022年12月15日、東京高裁で「本件控訴を棄却する。控訴非常は控訴人の負担とする。」とする、プレカリアートユニオン側の勝利判決が出されました。
  • 元組合員宮城史門(前田史門)氏がプレカリアートユニオン執行委員長の清水直子に対し損害賠償を請求した訴訟で、プレカリアートユニオン清水直子が2022年11月18日・東京地裁で勝利、宮城氏は控訴せず、同年12月7日に勝利判決が確定しました。2022年11月18日、東京地方裁判所が、元組合員の宮城史門(前田史門)氏が、プレカリアートユニオン執行委員長の清水直子に対して、ツイッターのツイートにより名誉を侵害されたと主張して損害賠償を請求していた訴訟において、プレカリアートユニオン執行委員長清水直子側の勝利判決を言い渡していました。原告の宮城氏の主張をすべて退け、「原告の請求をいずれも棄却する。訴訟費用は、原告の負担とする。」とする判決です。この判決が確定したものです。代理人は、東京法律事務所の井上幸夫弁護士、平井康太弁護士です。
  • 東京都労働委員会で、交渉先の団体交渉拒否について、団交に応じるよう命じる不当労働行為救済命令が出されました。
    【東京都労働委員会のウェブサイト】
    https://www.toroui.metro.tokyo.lg.jp/image/2022/meirei2-77.html
    https://www.toroui.metro.tokyo.lg.jp/image/2022/meirei2-77_besshi.html
11月
  • 不当配転・追い出し部屋問題、未払い賃金問題について交渉していた東京都内のコールセンター運営会社と、東京都労働委員会の不当労働行為救済申立の場で、労使紛争の全てについて和解しました。
  • パワーハラスメント問題について交渉していた凸版警備保障(株)と和解しました。粘り強い話し合いを行い、組合と会社は、協力し、職場におけるハラスメント防止に努めることなどを合意しました。組合員と組合がパワハラの加害者だと主張してきた人は異動し、組合員との物理的な距離も確保されました。解決のため、ご尽力くださった全ての方に感謝します。
  • 多摩美術大学で10年以上勤務してきた非常勤講師の雇止め問題について団体交渉をしてきた件で、雇止めが撤回され、雇用が継続されました。当該非常勤講師は、無期転換の申し入れもしています。多摩美術大学で、突如、芸術学科の運営方針が変わったとして、非常勤講師の契約期間を最長4年にすることに合意を迫られた非常勤講師について、次年度も従来通りの条件で契約が更新されました。多摩美術大学をはじめ大学で働く皆さん、教育の質を担保するためにも、雇止めをはじめとした不安定雇用を改善しましょう。
  • 労災問題(業務中の負傷)、未払い残業代問題などについて交渉していた東京都内に本社があり静岡県内に事業所のある日本犬販売会社と和解しました。社会保険、雇用保険への加入も実現し、ハラスメント対策をとることも合意しました。引き続き、労働条件の維持向上に取り組んでいきます。
  • 2022年11月18日、東京地方裁判所が、元組合員の宮城史門(前田史門)氏が、プレカリアートユニオン執行委員長の清水直子に対して、ツイッターのツイートにより名誉を侵害されたと主張して損害賠償を請求していた訴訟において、プレカリアートユニオン執行委員長清水直子側の勝利判決を言い渡しました。原告の宮城氏の主張をすべて退け、「原告の請求をいずれも棄却する。訴訟費用は、原告の負担とする。」とする判決です。代理人は、東京法律事務所の井上幸夫弁護士、平井康太弁護士です。
10月
  • 退職妨害、未払い賃金問題について交渉していた埼玉県内の歯科クリニックと和解しました。
  • 求人広告と異なる条件で就労させ、残業代を支払っていなかった件などについて交渉していた、神奈川県内などに事業所があり東京都内に本社のある運送会社と和解しました。
9月
  • 警備会社の西新サービス(株)でカシオ計算機本社ビル事業所の警備員を対象に、着替え時間、引き継ぎ時間の未払い賃金が過去に遡って支払われることになりました。9月20日の給与と合わせて支払われます。 プレカリアートユニオンは、今回、会社側が認めて払うことになった着替え時間、引き継ぎ時間以外にも、休憩時間とされながら労働から完全に解放されていない時間の未払い賃金も請求しています。西新サービス(株)のカシオ計算機本社ビル事業所以外の事業所で働く警備員の皆さんも、プレカリアートユニオンに加入して、未払い残業代を取り戻しましょう。
  • 有期雇用の契約期間途中の解雇問題で交渉していた神奈川県内の外資系スポーツ関連会社と和解しました。
  • 月210時間以上の時間外労働によりうつ病を発症をした運送会社のドライバーとして働いてきた組合員が、「残業代を請求されたから破産」した会社の代表取締役個人に579万円を請求し、2021年10月、東京地裁立川支部に提訴した裁判で和解!
    会社は、破産手続きの開始を理由に、プレカリアートユニオンとの団体交渉を拒否。破産管財人は、破産した理由を「従業員から未払いの残業代を請求されたため」などと説明しました。そのため、解決のための話し合いを誠実に行うことなく、労災問題は知らぬふりで、責任逃れのため会社をつぶした代表取締役個人を相手どり、長時間過重労働による労災問題に関する損害賠償を求めて、2021年10月28日付で東京地方裁判所立川支部に提訴していました。請求額は約580万円。代理人は、旬報法律事務所の佐々木亮弁護士、市橋耕太弁護士。会社は代表取締役を務める被告のワンマン会社でした。被告には、会社の代表取締役として会社の安全配慮義務違反を放置し、長時間労働の実態を知りながら、「(車が)止まっていること自体が気に食わない」と発言するなど、従業員を追い詰め続けた善管注意義務違反の責任をとるよう求めていました。
8月
  • 警備会社のテイケイ(株)による、プレカリアートユニオン役員、組合員、組合員の自宅などへの誹謗中傷文書送付、団体交渉拒否などの不当労働行為について、東京都労働委員会が救済命令を交付しました。 記者会見の動画を公開しました https://youtu.be/Q4b6FzqiJ04
  • 解雇、パワハラ、不利益変更、未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内の不動産会社と和解し、当該組合員が納得できる水準で解決することができました。
  • 長時間過重労働による休職問題について交渉していた東京都内の電気工事や配電外線工事を行う会社と、休職を継続する条件について合意し、和解協定書を取り交わしました。
7月
  • 不利益変更問題、未払い賃金問題などについて交渉していた神奈川県内の写真スタジオと和解しました。会社の都合で1日の労働時間が長時間に及んだ場合に、翌日、休業を命じながら賃金を控除する「代休」と称する独自の運用を改めさせ、結果として所定労働日数に満たなくことになっても基本給から賃金を控除しないことになりました。
  • 未払い賃金問題などについて交渉していた神奈川県内の運送会社と和解しました。会社は、曖昧にしていた労働条件を明確化し、運送関連法規の遵守も約束しました。
6月
  • 明成物流株式会社と2022年春闘について合意し、賃上げを行い、定期昇給導入、組合掲示板貸与、会社による組合と融和し健全な労使関係を築く旨のメッセージの掲示などを実現しました。
  • 長時間労働によりうつ状態となって休職した問題、未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内の電気工事や配電外線工事を行う会社と和解しました。会社は、労働時間を適切に管理し長時間労働を抑制すること、休職を理由として不利益取り扱いをしないこと、解決金の支払いなどで合意。組合員は、リワーク受講を経て、職場復帰をすることになりました。
  • 休日に行った政治活動を理由にした退職勧奨問題で交渉、和解した埼玉県内の運送会社と未払い残業代問題についても和解しました。
5月
  • 未払い賃金問題と2022年春闘で賃上げを要求していた高栄警備保障株式会社と賃上げを実現し協定書を締結しました。
  • 退職妨害と未払い賃金問題について交渉していた神奈川県内の運送会社と和解しました。
  • 2022年5月24日、東京地方裁判所が、元組合員の宮城史門(前田史門)氏が、プレカリアートユニオンに対して拠出金の返還などを請求していた訴訟において、プレカリアートユニオン側の勝利判決を言い渡しました。原告の宮城氏の主張をすべて退け、「原告の請求をいずれも棄却する。訴訟費用は原告の負担とする。」とする判決です。代理人は、東京法律事務所の井上幸夫弁護士、平井康太弁護士です。
  • 組合員の不当解雇問題などで労使紛争中の粟野興産株式会社(宮崎忠利代表取締役/栃木県鹿沼市)から、プレカリアートユニオンと当該組合員が、2018年7月にスラップ訴訟(恫喝・嫌がらせ目的の訴訟)を起こされていた件で、2021年5月12日には、東京地方裁判所で、「原告の請求をいずれも棄却する。訴訟費用は原告の負担とする。」という完全勝利判決が出されました。
4月
  • 雇い止め/解雇問題について交渉していた、埼玉県内で教育関連施設を運営する会社と和解しました。 年度末で雇い止めの相談が増加していましたが、順次、交渉、解決に至っています。
  • ハラスメント問題、未払い賃金問題について交渉した東京都内の業界誌の発行会社と和解しました。1回目の団体交渉で未払い賃金問題とハラスメント問題について協議し、その場で合意、和解協定書を締結することができました。
  • 長時間過重労働・過大なノルマの是正や未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内の一般社団法人と和解しました。 引き続き、労働条件の維持向上に取り組んでいきます。
  • 2022年度春闘交渉を行っていた神奈川県内の運送会社(株)フレッシュロジスティックスと月額3400円以上の賃上げ(ベースアップ込み)を実現し妥結しました。
  • 就業時間外に右派的な政治活動を行ったことを理由に退職勧奨され、自宅待機を命じられたことについて交渉していた埼玉県内の運送会社と和解しました。会社は、解決金の支払い、今後の就労環境改善を誓約し、ハラスメント対策として、今後は就業時間外の政治活動を理由として、「解雇、退職強要、降格、就業環境を害すること、不利益な自宅待機命令、減給・賞与等の不利益な算定、昇進・昇給の人事考課における不利益な評価、不利益な配置転換その他の不利益取り扱いを行わないこと」を誓約しました。相談を受けるなかで判明した、未払い賃金問題については、組合と誠実に協議し、解決に努めることを合意しました。
  • 支部を結成し2022年度春闘交渉を行っていた東京都内の警備会社、シンテイトラスト(株)と有期雇用労働者の無期転換実現、未払い残業代問題解決、賃上げを実現し妥結しました。
  • 2022年度春闘交渉を行っていた東京都内で給湯器の修理などを行う会社と、月給2000円の賃上げ、女性の事務員の賃金が安く抑えられている問題を解決するため入社時まで遡って賃上げを実現する主旨での解決金の支払いなどを実現し妥結しました。さらに女性の事務員が業務を担当したにも関わらず、業務プロセスのなかで名前の記載がなくなってしまうことの改善を求め、業務プロセス終了までの書類に担当者の名前を記載して名誉感情を尊重することも約束されました。
3月
  • 雇い止め問題について交渉していた神奈川県内のIT企業と和解しました。
  • 大手警備会社のテイケイ(株)を相手取った退職強要問題の裁判で、3月25日、東京地方裁判所で、警備員として働いていた組合員、有賀政敏さんの完全勝利判決が出されました。5時間にわたりホテルに呼び出され退職届を書かされてしまいましたが、雇用関係にあることを前提に判決確定の日までの賃金支払いを命じる画期的な判決です。
  • ワクチンハラスメントによる不当な休職命令などについて交渉していた埼玉県内の介護事業所の運営会社と和解しました。介護事業所で労働者に対して、新型コロナワクチン接種を強制する言動を行った上、不当に休職を命じた件について団体交渉を行い、就労環境を整備した上で復職を実現し、休職を命じた期間の賃金を全額補償、過去の未払い賃金も支給し、今後組合員の労働条件を不利益に変更する際は組合と事前に協議することなどを合意し、和解しました。
  • 雇い止め問題について交渉していた東京都内のIT企業と和解しました。
1・2月
  • 警備会社のシンテイトラストで支部を結成し、警備員として働く有期雇用労働者の無期転換を実現しました。引き続き、未払い賃金の支払い、賃上げについても取り組んでいきます。
  • 内定取り消し問題について交渉していた東京都内で学校を運営する会社と和解しました。コロナ禍で新たな就労先の確保が困難な状況下で、内定取り消しを行った会社に速やかな解決を求めていました。求人に際して労働条件に誤解が生じないよう努め、再発防止策を講じることを約束し、当該組合員が納得できる水準の解決金の支払いをもって早期解決をすることができました。解雇、内定取り消しをされた場合は、できるだけ早くご相談ください。

2021年

12月
  • パワーハラスメント、退職勧奨をしないよう交渉していた東京都内の電子機器メーカーと和解しました。退職勧奨を跳ね返すなら、早めにプレカリアートユニオンにご相談ください。
  • パワーハラスメント問題、未払い賃金問題について交渉していた千葉県内の社会福祉法人と和解しました。常勤・非常勤の格差・差別をなくし、適正な人員配置を求め、安心してサービスを提供でき、安心して働くことができる職場にするため、引き続き労働条件の維持向上に取り組んでいきます。
  • 未払い残業代問題、離職理由(会社都合にすること)などについて交渉していた千葉県内の運送会社と和解のはこびとなりました。配車を取引先に丸投げした状態で過労死ラインを大幅に上回る時間外労働に従事させていた会社に、長時間労働を是正するための具体的な要求、助言も行い、労働関連法規を遵守する道筋を作り、早期和解を実現することができました。
  • DMUと宮城史門(前田史門)氏に対する名誉毀損訴訟でプレカリアートユニオンの完全勝利判決2021年12月24日、東京地方裁判所が、プレカリアートユニオンと執行委員長の清水直子が、DMU総合研究所(DMU民主一般労働組合から名称変更)と宮城史門(前田史門)氏を被告として提訴した名誉毀損訴訟において、判決を言い渡しました。 被告側の主張をすべて退け、DMU総合研究所及び、宮城史門に損害賠償金を支払うことを命じる判決でした。プレカリアートユニオンと執行委員長の清水にとって、完全勝利といってよい内容です。
  • 未払い賃金問題、人事評価の問題などについて交渉していた凸版警備保障株式会社と和解しました。 労働者が適正に休憩を取得できるような運用変更にプレカリアートユニオンも前向きに協力していきます。
  • 経営状態悪化に伴い、時限的に手当の削減を申し入れられていた東京都内のメンテナンス会社と和解しました。経営状態改善のために会社に必要な対応をとらせることを約束させ、毎月報告を受けることにしています。
11月
  • 雇い止め、未払い賃金問題について交渉していた東京都内の社会福祉法人と和解し、復職と、復職までの3ヶ月分あまりの賃金補償を実現しました。 解雇・雇い止めについての相談は、労働基準監督署ではなく、個人加盟の労働組合へ 。
  • 未払い残業代裁判和解・解決以降、会社が組合員に不快な思いをさせたことなどについて、代表取締役が謝罪文を交付し、今後、健全な労使関係の構築に努め、組合と相協力して会社の発展と労働条件の維持改善を図ること、組合員と組合員以外の従業員との融和を図るよう努めることを約束し、明成物流株式会社と和解しました。
  • 子どもへの卓球指導などについて報酬が支払われなかった問題で交渉していた、栃木県宇都宮市の瓦作大谷石材加工有限会社と和解しました。 同社とは、今年2021年8月に別の卓球コーチの賃金減額、不当配転問題について和解しています。2人目となる、本件は、先に闘った仲間のおかげもあり、加入通告直後に解決することができました。
  • 労災隠し、労災補償などについて交渉していた栃木県内の人材派遣業・運送業を営む会社と和解しました。 整備不良のトラックで腕に強い負荷のかかる状態で作業することを強いられた労働者が、両腕にしびれやけいれんなどの症状が生じたにも関わらず、休むことが認められず、管理職から「とにかく労災にはしてほしくない。病院代は出すから業務でけがをしたと言わないでくれ」と言われ、労災として適切な対応がされませんでした。強い痛みで勤務ができなかった日は、有給休暇を取得させられました。この労災は、後日、本人が労働基準監督署で労災申請したところ業務上と認定され、後遺障害の認定もされるにいたりました。労働者が復職した後も、高熱が出ているのに出勤を強いた上、職場で倒れても救急措置を施さず放置するなどの問題も起きました。労働者が退職してから、個人の立場で労災の補償などを求めるも、会社側はまともに対応せず。労働審判を申し立て、代理人となった労働弁護士の紹介でプレカリアートユニオンに加入して団体交渉を行ったところ、速やかに、納得できる内容の和解をすることができました。
  • イースタンエアポートモータース株式会社と東京都労働委員会で不当労働行為救済命令申立事件について和解しました。会社は組合とチェックオフ協定を結び、部活動の部費も合わせて控除すること、組合掲示板についても誠実に協議し、正常な労使関係の構築に努めることを合意しました。イースタンエアポートモータースで働く皆さん、プレカリアートユニオンの仲間と、未払い賃金問題の解決、配車差別の是正に取り組みましょう。
  • 未払い残業代問題と、労働者が退職を申し出た際に社長が不適切な発言をした件で交渉していた東京都内の運送会社と和解しました。 運送会社の未払い残業代、解雇、パワハラ問題は、プレカリアートユニオンにご相談ください。
10月
  • 性的指向及び性自認に関するハラスメント(SOGIハラ)による休職問題(交渉により復職)について交渉していた神奈川県内のエネルギー関連会社と和解しました。トランス女性が他の従業員による不適切な発言をはじめとするSOGIハラにより、休職を余儀なくされ、休職期間が満了しそうななかでプレカリアートユニオンに加入。転居を伴う不合理な配置転換を指示されていたところ、団体交渉によりこれを撤回させ、SOGIハラの再発防止策をとらせながら転居せずにすむ職場への復職を実現しました。復職しながらSOGIハラ問題の補償についても交渉を続け、このほど、会社は責任を認めて、SOGIハラ対策を約束し、納得できる解決金の支払いについて合意し和解することができました。SOGIハラによる労災申請もサポートしました。プレカリアートユニオンは、全ての人が性自認や性的指向、あらゆる性別にかかわらず安心して働ける環境を作るため、LGBTQs労働相談に取り組んでいます。
  • 未払い残業代問題、新型コロナウイルスに関する危険手当の問題で交渉していた、埼玉県内の特別養護老人ホームを運営する社会福祉法人と和解しました。法人は、今後は労働法を守った労務管理を行うことを約束しました。
  • パワーハラスメント問題、未払い賃金問題について交渉していた神奈川県内の建設関連会社と和解しました。ハラスメント問題については、会社が調査を行った上で、安全配慮義務違反を認め、再発防止策を講じることを約束しました。
  • 茨城県内の事業所閉鎖によりアルバイトが一斉に解雇された問題で交渉していた、東京都内に本社のあるゲーム関連会社と和解しました。 解雇は撤回した上で、有給休暇を全て取得した日付で会社都合の合意退職とし、納得できる解決金が支払われることになりました。
  • パワーハラスメント、不当労働行為、未払い賃金問題について交渉していた神奈川県内で介護事業所を運営する会社と和解しました。
  • 外国籍の労働者の解雇問題、未払い賃金問題について交渉していた東京都内の教育関連会社と和解しました。一方的な解雇を通告され、プレカリアートユニオンに加入して解雇は撤回させた後、未払い賃金問題と合わせて雇用をめぐる全ての問題を解決することができました。
9月
  • 大手総合免税店兼家電量販店のラオックス(株)と、組合員の外部出向については個別の同意を要すること、出向を含む配転については組合と事前協議を行うことを確認しました。ラオックスで働く仲間の労働相談は、プレカリアートユニオンへ。
  • 求人広告と実際の労働条件との違い、退職に伴う違約金請求、未払い賃金問題などについて交渉していた、東京都内の輸送事業者と、不当労働行為問題を含む労使紛争の全てについて和解しました。プレカリアートユニオンは、ギグワーカーの労働トラブルの解決、労働条件の維持向上に取り組んでいます。
  • パワハラ、残業代不払いについて交渉していた東京都内の介護事業所を運営する医療法人と和解しました。
  • 休職中の賃金補償問題について交渉していた大阪府内の電機メーカーと和解しました。
8月
  • 会社都合の休業時の休業手当について交渉していた東京都内のビルメンテナンス会社と、会社側が申し立てていた東京都労働委員会のあっせんの場で和解しました。 会社都合で休業を命じられた場合は、賃金を全額補償するよう交渉しましょう!
  • 2020年8月から会社が「みなし時間外勤務手当」を廃止したと主張していることにともなう、不利益変更問題と、未払い残業代問題などについて交渉していた、大手総合免税店兼家電量販店のラオックス(株)と和解しました。組合員については、会社が「みなし時間外勤務手当」廃止との主張にともない減額された減額分の不支給に同意したものではないことも確認しています。2020年8月の賃金減額(手当廃止)以降、2021年4月の新手当支給開始までの未払い賃金を請求したい方、プレカリアートユニオンにご相談ください。
  • 卓球コーチから石材加工部門への不当配転、月額15万円もの不利益変更、未払い賃金問題などについて交渉していた栃木県宇都宮市の瓦作大谷石材加工有限会社と、要求通りの解決金の支払いをもって和解しました。 プレカリアートユニオンが法適合組合であり、東京都労働委員会も法適合組合であると認定し団交応諾命令を出しているにもかかわらず、瓦作大谷石材加工(有)が団交を拒否したことについては、会社が団体交渉を拒否したことについて謝罪し、別途組合解決金も支払われました。
    組合員の解決報告 https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2021/08/25/090517
  • 警備会社テイケイからの労働組合プレカリアートユニオン、組合員に対する、脅しや嫌がらせの不当労働行為の文書送付について、テイケイに対し、東京都労働委員会から実効確保措置勧告が出されました。都労委としてはおそらく初の実確が出されたことになります。テイケイの行為がよほど悪質だということでしょう。都労委からやめるよう勧告されるような悪質な不当労働行為を開き直る警備会社に、東京都の施設の警備を任せてもよいのでしょうか。インターネット署名のChange.orgでのテイケイ・ボイコットキャンペーン「労働組合に500通以上の怪文書を送付、違法行為を繰り返す大手警備会社テイケイに豊洲市場、都営地下鉄の警備をさせないで!」に引き続き、ご協力くださるよう、お願いいたします。 https://chng.it/txbH25bKTL
7月
  • 休業補償問題、不当労働行為問題について交渉中だった東京都内の飲食店経営会社と和解しました。
  • 休業中の賃金補償問題について交渉していた静岡県内の派遣会社と和解しました。
6月
  • 解雇問題、性的指向・性自認のアウティング問題について交渉していた東京都内の幼児教育関連会社と和解しました。会社は、SOGIハラの再発防止をとることとなりました。
  • 解雇問題について交渉していた埼玉県内の運送会社と和解し、解雇が撤回されました。
  • 一方的な賃金減額などの不利益変更について交渉していた東京都内のIT関連企業と和解しました。
5月
  • 未払い賃金問題について交渉していた東京都内の運送会社と和解しました。運送業界の労働相談はプレカリアートユニオンへ。
  • 解雇、未払い賃金問題などについて交渉している千葉県内に事業所のある運送会社と今年3月に和解し、解雇撤回と復職までの賃金補償を勝ち取りました。過去の未払い残業団問題についても交渉を行い、このほど和解しました。
  • 未払い賃金問題、労災問題などについて交渉していた千葉県内の警備会社と和解しました。 警備業界の労働問題は、プレカリアートユニオンへ。
  • 解雇、未払い賃金問題などについて交渉していた埼玉県内の自動車販売店と和解しました。
  • 組合員の不当解雇問題などで労使紛争中の粟野興産株式会社(宮崎忠利代表取締役/栃木県鹿沼市)から、プレカリアートユニオンと当該組合員が、2018年7月にスラップ訴訟(恫喝・嫌がらせ目的の訴訟)を起こされていた件で、2021年5月12日、東京地方裁判所で、「原告の請求をいずれも棄却する。訴訟費用は原告の負担とする。」という完全勝利判決が出されました。
    https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2021/05/13/012425
4月
  • 解雇問題について交渉していた東京都内の外資系IT企業と和解しました。
  • 従業員の雇用、労働条件問題について交渉していた東京都内のアニメーション会社と和解しました。 双方、今後とも個人のプライバシーに配慮するとの認識を共有し、この問題を解決することができました。 解決のためご協力いただいた全ての皆様に、心からお礼申し上げます。
  • 未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内に事業所のある生命保険会社と和解しました。
  • 有給休暇の取得、労働時間など就労環境について交渉していた東京都内に事業所のあるマンション管理会社と和解しました。
  • 職場のハラスメント問題、未払い賃金問題について交渉していた神奈川県内の運送会社と和解のはこびとなりました。
3月
  • 労災問題、未払い賃金問題について交渉中だった埼玉県内の運送会社と、不当労働行為救済申立をしている東京都労働委員会の場で和解しました。解決のためにご尽力いただいた全ての関係者に感謝します。
    https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2021/04/08/094700
  • 解雇問題について交渉していた株式会社群馬バスを相手取った裁判で、原告の組合員が勝利和解を実現しました。
    https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2021/04/19/152116
  • 未払い残業代問題、ハラスメント問題について交渉中の神奈川県内の運送会社と和解しました。1分単位で残業代を支払うことなども合意しました。
    https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2021/04/14/204848
  • 解雇、未払い賃金問題などについて交渉している千葉県内に事業所のある運送会社と和解し、解雇撤回と復職までの賃金補償を勝ち取りました。過去の未払い残業代問題については、誠実な交渉により解決を目指すことを確認しました。
  • 派遣社員に対する無期転換逃れの契約解除について交渉していた派遣会社と和解しました。
  • 従業員の受動喫煙問題について交渉していた東京都内のIT関連企業と、労働審判で当該組合員が納得できる和解をすることができました。プレカリアートユニオンも利害関係人として参加。解決のために尽力いただいた全ての方に感謝します。
    https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2021/03/24/135640
  • 未払い賃金問題、ハラスメント問題について交渉していた都内に事業所のある給食サービス提供会社と和解しました。
  • パワーハラスメント、業務過多による休業問題について交渉していた、東京都内のIT関連会社と和解。再発防止策を講じ、復職に向けて誠実に協議することも合意しました。
  • LGBT当事者のセクシュアリティをアウティングされた問題などについて交渉していた都内の医療機関と和解しました。会社が性的指向及び性自認についてのハラスメント(SOGIハラ)を含むハラスメント対策を行うことも確約。労働組合は、LGBT当事者の職場の問題について相談を受けるだけでなく、ともに解決のために動くことができます。
  • 東京都労働委員会で(株)クローバーと粟野興産(株)に対し、団体交渉応諾を命じる不当労働行為の救済命令プレカリアートユニオンは法適合組合と認め、DMUの発信を口実にした団交拒否は違法と判断。プレカリアートユニオンが、東京都労働委員会に不当労働行為救済申立をしていた株式会社クローバーと粟野興産株式会社を被申立人とする2つの事件(どちらも団体交渉拒否)について、3月11日、それぞれ団体交渉に応じることを命じる救済命令(プレカリアートユニオンにとっての勝利命令)が発せられました。
    クローバー事件
    https://www.toroui.metro.tokyo.lg.jp/image/2021/meirei1-44.html
    粟野興産事件
    https://www.toroui.metro.tokyo.lg.jp/image/2021/meirei31-25.html
  • 労働時間の改ざんを命じられ拒否したことをきっかけにしたパワハラ、不当な評価による賃金減額、不利益変更などについて交渉中だった東京都内の販売会社と和解しました。引き続き、労働条件の維持向上に取り組んでいきます。
2月
  • 未払い賃金問題、労災問題などについて交渉していた東京都内の警備会社と和解しました。過重労働を強いられるなかで、身体と心を壊してしまったAさん。現在は新しい職場で仲間からの信頼を集め、元気に働いています。
  • パワハラ・労災問題について交渉してきた埼玉県内の製紙関連会社と和解しました。交渉中に社内でパワーハラスメントに関するアンケートも実施し、パワーハラスメント防止のための体制整備を行うことも合意。労災申請も支援していきます。
  • 臨時職員と専任職員との処遇の格差・差別の是正について交渉してきた神奈川県内の私立大学と和解しました。引き続き、手当や賃金補償を含む、非正規労働者の差別是正に取り組んでいきます。
1月
  • パワーハラスメント問題、未払い賃金問題について交渉していた神奈川県内で介護事業所を運営する会社と和解しました。
    パワハラが原因で退職した元社員、パワハラが原因で休職中の社員を含む、3人の組合員について交渉していました。所定労働時間前に行われていた朝礼や30分単位で切り捨てられていた未払い賃金、休憩時間とされながら労働から完全に解放されていない時間の未払い賃金問題やパワーハラスメント問題について解決し、休職中の組合員については、パワハラ対策を講じた上で復職することで合意しました。
    https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2021/02/01/002305
  • 未払い残業代問題などについて交渉していた東京都内の運送会社と和解し、複数の組合員の待遇改善を実現しました。
    不明瞭な「歩合給」を基本給に組み込み、今後は1分単位で時間外賃金を支払うことで合意。賃上げも実現しました。引き続き、ドライバーとして働く仲間の待遇改善に取り組みます。
  • イオングループの警備会社、イオンディライトセキュリティ(株)に対して、休憩・仮眠時間の実態は労働時間であるとして、群馬高崎警備隊で警備員として働く組合員4人が原告となって未払い残業代など約1400万円を請求していた裁判で、2021年1月15日、前橋地方裁判所高崎支部で、勝利和解をすることができました。
    https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2021/01/28/135511

2020年

12月
  • 労災、解雇問題などについて交渉していた群馬県内に営業所のある派遣会社と和解しました。2020年11月に開催した第1回団体交渉で、全体的な解決に向けて、次の団体交渉までの賃金補償について合意し、労災の補償、解雇問題など全体的な解決に向けて協議していたところ、12月10日に開催した第2回団体交渉で和解することができました。早期解決のためにご尽力いただいた全ての関係者に感謝します。
  • 解雇問題について交渉していた東京都内の食品サービス会社と和解しました。
  • 不当労働行為問題について解決を求めていた、静岡県内に事業所のある貸しスペース運営会社と東京都労働委員会で和解しました。
  • 一時帰休中の賃金補償問題について、在職中の組合員についても個別にOYOJapan合同会社と和解しました。
  • 未払い賃金問題、解雇問題について交渉していた東京都内の美容院と和解しました。
11月
  • 未払い残業代請求の集団訴訟に取り組んでいた、茨城県つくばみらい市の有限会社伊奈運輸と和解し、東京都労働委員会の不当労働行為救済申立の取り下げも含め、労使紛争の全てを解決しました。 4年にわたる裁判を闘い抜いた支部組合員とともに、弁護団の佐々木亮弁護士、並木陽介弁護士、ご支援くださった全ての方に心から感謝申し上げます。
    https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2020/11/25/192124
  • 解雇、パワーハラスメント問題について交渉していた東京都内の外資系IT企業と和解しました。早期解決のためにご尽力くださった関係者に、心から感謝いたします。
  • 労災、解雇問題などについて交渉中の群馬県内に営業所のある派遣会社と全体的な解決に向けてまず賃金補償について合意しました。引き続き、労災の補償、解雇問題など全体的な解決に向けて協議していきます。
10月
  • 労災隠し、未払い残業代問題などについて交渉していた埼玉県内に事業所のある運送会社と和解しました。
    https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2020/10/21/192420
  • OYO Japan合同会社と組合員の2020年5月分の賃金補償問題について、会社と協議の上、基本給と休業手当の差額の支払いを受けることで合意しました。賃金補償の水準にそのものについては、すでに当初の提示額を上回る水準での支払いを受けています。
  • 一時帰休中の賃金補償問題を含む2人の個別の労働問題について、OYO Japan合同会社と和解しました。
  • 一時帰休中の賃金補償問題を含む16人の個別の労働問題について、OYO Japan合同会社と和解しました。復職を希望していた複数の一時帰休中の組合員の職場復帰も実現しました。
9月
  • 職業安定法に基づき、求人広告記載の賃金ほか労働条件の記載と実際の待遇との違いを是正することなどについて交渉していた北関東の会社と、和解しました。会社が、職業安定法などに基づいて労働条件を明示し、適正な内容で求人を行うよう見守っていきます。
  • 一時帰休中の賃金補償問題を含む5人の個別の雇用問題についてOYO Japan合同会社と和解しました。
  • 一時帰休中の賃金補償問題を含む3人の個別の雇用問題についてOYO Japan合同会社と和解しました。
  • 雇い止め問題について交渉中だった外資系サービス企業と和解しました。労働審判の申立、東京都労働委員会への不当労働行為救済申立も取り下げ、労使紛争の全てを解決しました。
8月
  • 東京都内の給食サービスを提供する会社と東京都労働委員会で不当労働行為問題について和解しました。解決のためにご協力いただいた関係者に心から感謝します。
  • 一時帰休中の賃金補償問題を含む3人の個別の雇用問題についてOYO Hotels Japan合同会社と和解しました。
  • 遠方への出向を命じられたことをめぐる3人の個別の雇用問題についてOYO Hotels Japan合同会社と和解しました。
7月
  • 変形労働時間制の要件を満たしていなかった場合の未払い残業代についてイースタンエアポートモータース株式会社と労使紛争の一切について和解しました。
  • 解雇問題、不当労働行為問題について交渉していた、千葉県松戸市内の古紙卸売業の会社と労使紛争の一切について和解しました。
  • 解雇問題について交渉していた大手ファッションブランドと和解しました。和解を迎えた当事者の思い https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2020/07/12/010019
  • 解雇予告手当と残業代不払いの問題で交渉していた東京都の不動業、建設業を営む会社と和解しました。当該組合員の声 https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2020/07/06/162723
6月
  • 長時間過重労働問題などについて交渉していたOYO Hotels Japan合同会社と和解しました。引き続き、労働環境改善と日本の商習慣に合うマネジメントスタイルとサービスの改善などに取り組んでいきます。
  • 変形労働時間制の要件を満たしていなかった場合の未払い残業代を請求していた裁判で、東京地方裁判所で完全勝利判決を得ました。 https://www.bengo4.com/c_5/n_11387/?fbclid=IwAR15v-ysIqPJwNsfbb_Bwp86qC8uM471i_9V-BFXX5Bp2EJy3TdOQi9UfN0
5月
  • 不利益変更問題、未払い賃金問題などについて交渉していた埼玉県内で介護事業所を運営する社会福祉法人と和解しました。引き続き、労働条件の維持向上に取り組んでいきます。
  • 解雇問題、未払い賃金問題について交渉していた静岡県内の介護事業所を運営する社会福祉法人と和解しました。不当労働行為問題を含む労使紛争全体を解決しました。
  • ハラスメント問題などについて交渉していた飲食店を経営する大阪府内に本社がある会社と和解しました。ハラスメントの再発防止策を講じること、期間に定めのない雇用とすることも実現しました。
  • 神奈川県内の大学で新型コロナウイルス感染対策により、保育園の登園自粛要請によって休んだ日について有給の特別休暇とすることを実現しました。 事業主の都合で休業を命じられた日の賃金を正規職員には10割補償するにも関わらず、非常勤職員には6割しか払わないとしていた件についても、是正を求めたところ、非常勤職員にも賃金が全額補償されました。
  • 栃木県内に本社がある携帯電話関連企業で、新型コロナウイルス感染拡大防止対策により子どもの休校により仕事を休んだ日について、有給の特別休暇とすることを実現。会社都合の休業についても賃金が全額補償されました。
4月
  • 店舗型性風俗店を経営する東京都内の企業に対し、深刻な労災事故の責任を求めた労使紛争について、東京都労働委員会の不当労働行為救済申立の場で和解しました。
  • ビルメンテナンス会社で増員、安全帯支給、休憩取得など合意。36協定の労働者代表にも選出されました。
  • 未払い残業代問題、実態と異なる求人広告の問題について交渉していた埼玉県内の運送会社と和解しました。求人広告の内容を適正にすることも合意。
  • 賃金補償問題、不当労働行為問題について交渉していた東京都内の派遣会社と和解。取得できなかった有給休暇についても補償することで合意しました。
3月
  • 長時間労働に伴う休業などについて交渉していたOYO Hotels Japan合同会社と和解しました。引き続き、労働環境改善と日本の商習慣に合うマネジメントスタイルとサービスの改善などに取り組んでいきます。
  • 雇い止め問題などについて交渉していたOYO LIFE(オヨライフ/OYOTECHNOLOGY & HOSPITALITY JAPAN株式会社)と和解しました。
  • 解雇問題について交渉していたOYO LIFE(オヨライフ/OYO TECHNOLOGY & HOSPITALITY JAPAN株式会社)と和解しました。
  • 雇い止め問題などについて交渉していた神奈川県内のIT企業と和解しました。
  • 株式会社東武と東京地方裁判所で和解し、これまでの労使紛争について全面的に解決することができました。ご支援、ご協力くださった多くの皆様に心から感謝します。
  • 安全衛生問題、未払い賃金問題、雇用に関する問題について交渉していた、東京都内の電気工事会社と和解しました。会社は、アスベスト、粉塵の安全衛生に関する対策を真摯に講じることを確約。
  • 未払い残業代問題、未払い賃金問題、事業所閉鎖に伴う解雇問題などについて交渉していた株式会社エニシアホールディングスと和解しました。東京都労働委員会で、不当労働行為問題についても合わせて解決しました。広範なご支援に感謝します。 https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2019/09/29/142851
  • ハラスメント問題などについて交渉していた製薬会社の日本法人と和解しました。ハラスメントの再発防止策を講じることも合意。
2月
  • 求人詐欺・パワハラなどについて交渉をしていた、都内の警備会社と和解しました。パワハラに関しては防止に努めるよう約束し、求人広告通りの労働上条件で働かせるよう合意しました。
  • 解雇問題などについて交渉していた東京都内の介護事業所を運営する会社と和解しました。引き続き健全な労使関係を築けるよう尽力します。
  • 未払い残業代問題などについて交渉中だった東京都内の運送会社と和解しました。 解決金を支払った上で、会社は、賃金が未払いだったことを謝罪。今後労働関連法規を遵守することも確約しました。
  • 未払い残業代問題、パワーハラスメント問題などについて交渉していた神奈川県内の運送会社と和解しました。今後の労働条件についても合意。引き続き、労働条件の向上と健全な労使関係構築のため尽力します。
1月
  • 不当労働行為問題などについて交渉していた群馬県内で介護事業所を運営する会社と和解しました。
  • 未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内の運送会社と和解しました。
  • 複数の労働者の長時間労働に伴う休業などについて交渉していた「OYO Hotels Japan合同会社」と和解しました。引き続き、労働環境改善と日本の商習慣に合うマネジメントスタイルとサービスの改善などに取り組んでいきます。
  • 多摩美術大学彫刻学科のアカデミック・ハラスメント問題を発端として、同学科の笠原恵実子教授の不当配転問題について交渉していた件で、2020年4月以降も彫刻学科教員としての地位にあることを確認し、合意しました。
    引き続き、大学内のアカハラ問題、教員間のハラスメント問題の再発防止のため、取り組みを続けていきます。
  • 不当配転問題、不利益変更問題などについて交渉していた神奈川県内のホテル運営会社と和解しました。
  • 派遣切り問題などについて交渉していた、東京都内の派遣会社と和解しました。次の派遣先を誠実に探すことも合意しました。
  • 「OYO Hotels Japan合同会社」と解雇/契約解除問題について交渉していた件について和解しました。引き続き、労働環境改善と日本の商習慣に合うマネジメントスタイルとサービスの改善などに取り組んでいきます。

2019年

12月
  • 不当労働行為問題を含む労使紛争について、神奈川県内に本社のある大手ドラッグストアと東京都労働委員会で和解しました。 全社的な賃金不払い問題も是正されつつあります。
  • 都内の警備会社で、会社都合による休業分の賃金補償支払いと、勤務内容も募集時のものに合うようにするという約束がされました。今後も労働条件の維持向上に努めます。
  • OYO Hotels Japan合同会社のプラスン・チョードリー氏から、労働法規を遵守し、労働環境整備に努める旨のプレカリアートユニオン宛メッセージが出されました。プレカリアートユニオンは、OYO Hotels Japan(オヨ・ホテルズ・ジャパン)支部を結成し、労働法の遵守、労働環境の改善と合わせて、日本の商習慣に合うマネジメントスタイルとサービスの改善などに取り組んでいます。このほど、OYO Hotels Japan合同会社代表のプラスン・チョードリー氏からプレカリアートユニオン宛てに、労働法規を遵守し、労働環境整備に努める旨のメッセージが出され、就業規則も一定の改善がなされました。引き続き、お客様に胸を張ってサービスを提供できる会社にするべく取り組んでいきます。
  • 未払賃金問題などについて交渉していた埼玉県内の運送会社と和解しました。ストライキを構えての闘いに多くのご支援をいただき、有り難うございました。
  • 青林堂が出版した『ユニオンとブラック社員 働き方を考える』(田岡春幸著・2017年10月刊)に、事実と異なる記載があり、当組合と所属組合員の名誉を毀損したため、同社と著者の田岡氏に対して損害賠償を求めていた裁判で、この度勝利和解しました。同書では、当労組が取り組んだ「アリさんマークの引越社」との労働争議について、当労組及び「社員A」とされた組合員について、複数の事実と異なる記載をし、根拠なく、当労組と組合員を貶めていました。しかも、出版に至る過程において、当労組と組合員は、同社からも田岡氏からも、一切取材を受けていませんでした。こうしたことから、当労組と組合員が原告となり、2017年12月、同社と田岡氏を相手取り、名誉毀損であるとして損害賠償請求訴訟を提起しておりました。2019年12月10日、東京地方裁判所において、同社と田岡氏が当労組と組合員に謝罪し、和解金40万円を支払い、同書籍のさらなる販売をしないことを約する等を内容とした和解が成立いたしました。当労組としては、本和解については事実上の勝利であるとして、高く評価するところです。
  • 降格、パワハラ問題などについて交渉していた東京都内のメーカーと、不当労働行為問題について和解しました。解決のためにご尽力くださった各関係者に感謝します。
  • プレカリアートユニオンおよび組合員と、東京都内のコンサルティング会社との間の労使紛争は、このほどすべて解決しました。 広範なご支援、ご協力をいただきましたことに感謝申し上げます。有り難うございました。
11月
  • マタニティ・ハラスメント問題について交渉していた東京都内のコンサルティング会社と、マタハラ問題などについて和解しました。 たくさんのご支援、ご協力をいただき、有り難うございました。残る不当労働行為問題についても和解を目指します。
10月
  • 株式会社イオンディライトセキュリティで警備員として働く組合員の未払賃金の一部について、会社と支払うことで合意しました。引き続き、未払賃金請求訴訟の解決も目指します。
  • 未払い賃金問題、マタニティハラスメント問題などについて交渉していた、介護施設などに給食サービスを提供している東京都内の会社と未払賃金、ハラスメント問題などについては和解しました。 引き続き、不当労働行為問題の解決を求め、組織化に取り組んでいきます。
  • 未払い賃金問題について交渉中だった神奈川県内の運送会社と和解しました。
  • 未払い残業代問題について交渉中だった千葉県内のリサイクル業者と、未払い問題については和解しました。 引き続き、労働条件の維持向上に取り組んでいきます。
  • 北海道に本社がある不動産会社の不当労働行為問題について、東京都労働委員会で和解しました。
9月
  • 明成物流株式会社と休憩時間の判断に齟齬があったことにより生じた未払い問題について和解しました。 明成物流株式会社とは、未払い残業代問題については裁判で和解、今後の労働条件についても団体交渉で合意し、労働条件の維持向上に取り組んでいます。
  • 雇用問題について交渉していた神奈川県内のホテル運営会社と和解しました。 組合員の労働条件が維持され、組合員の労働条件を不利益に変更する場合は組合と事前に協議することも合意し、新会社に雇用が引き継がれます。
  • 千葉県内のIT企業とユニオンショップ協定を締結しました。 同社で雇用された労働者は、プレカリアートユニオンの組合員となります。 就業規則など諸規定の整備にも建設的な意見を伝えサポートしながら、労働者が自分らしく活躍できる職場づくりと労働条件の維持向上に取り組みます。
  • ドライバーの未払い残業代問題について交渉していた東京都内の運送会社と和解しました。裁判も取り下げることで合意しました。
8月
  • 解雇問題、未払い残業代問題、ハラスメント問題などについて交渉していた東京都内の不動産会社と和解しました。 職場でパワーハラスメント、セクシュアルハラスメントの被害を受けたら、録音の証拠を残し、プレカリアートユニオンなど、個人加盟の労働組合にご相談ください。
  • ドライバーの未払い残業代問題、事故弁償金問題について交渉していた神奈川県内の運送会社と和解しました。
  • ドライバーの未払い残業代問題について交渉していた東京都内の運送会社と和解しました。団体交渉では、ドライバーが、トラックを路上駐車した状態で待機するなかでトイレにも行けずに、飲料の空き容器で用を足さざるを得なかったことなどを訴え、会社もドライバーの就労環境を把握し長時間過重労働の改善に取り組むことを合意しました。
  • 解雇問題について交渉していた神奈川県内のIT企業と東京都労働委員会の不当労働行為救済申立の場で和解しました。
  • 足場材などの運搬を行うドライバーの未払い残業代問題について交渉していた東京都内の建設会社と和解しました。
  • 東京都内の大学で、アカデミックハラスメント問題の解決を支援していたところ、当該学生が卒業認定を手にすることができました。 引き続き、大学教員間のパワーハラスメント、セクシュアルハラスメント問題をなくし、学生へのアカデミックハラスメントも防止する取り組みを続けていきます。
7月
  • ネイリストへのハラスメント問題、未払賃金問題、不当労働行為問題について交渉中だったネイルサロンを運営する株式会社いとうやと、不当労働行為救済申立をしていた東京都労働委員会で和解しました。
  • 実際は労働から解放されていない「休憩」とされた時間の未払賃金問題などについて交渉していた都内警備会社と和解しました。未払い賃金の支払いだけでなく、不当な配転の撤回と昇給も実現し、今後、着替え時間の未払賃金問題について誠実に協議し、解決を目指します。
  • 未払い残業代問題について交渉していた都内の運送会社と和解しました。引き続き、今後の労働条件整備について交渉を行っていくことも合意しました。
  • パワーハラスメント、不当な懲戒処分などについて交渉していた都内大手食品会社と和解しました。
  • 未払い残業代問題などについて交渉中の大阪府内に本社があり、埼玉県内に事業所のある運送会社と和解しました。東京都労働委員会に不当労働行為救済申立をしている、不利益取り扱いなどの不当労働行為についても全面的に解決します。
  • 組合掲示板の設置について、イースタンエアポートモータース株式会社と和解しました。事業所内に組合掲示板を設置することで合意。東京都労働委員会の不当労働行為救済申立を取り下げました。組合員3人の未払賃金請求訴訟も大詰めです。引き続き未払賃金問題の解決と労働条件の向上に取り組んでいきます。
6月
  • パワーハラスメント問題などについて交渉していた京都府内の化学系メーカーと和解しました。ハラスメントの再発防止策についても合意しました。
  • 京浜急行バス(株)との労使紛争について、まずは組合員1人の問題について解決することができました。引き続き、残る労使紛争についても解決し、バス運転士の長時間過重労働、十分な睡眠時間が確保できない勤務の改善に取り組んでいきます。
  • 不当労働行為問題について、群馬県内で介護事業所を運営する会社と全ての労組紛争について和解し、賃上げも実現しました。過去の未払賃金問題については先行して和解が成立しています。
  • パワーハラスメントと未払賃金問題について交渉していた、大阪府内に本社のある飲食店の経営会社と和解しました。パワーハラスメントの対策もとられ、当該組合員は、今後も東京都内の店舗で就労を継続します。
  • 未払残業代問題、事故の弁償金を労働者が負担させられた問題などについて交渉していた埼玉県内の運送会社と和解しました。
5月
  • ドライバーの雇い止め問題について、山一運送株式会社と和解しました。 現職ドライバーの未払い残業代請求訴訟も、引き続き解決を目指します。
  • 不当労働行為問題について、東京都労働委員会の不当労働行為救済申立の場で、東京都内の自動車販売会社と和解しました。
  • 休憩時間、仮眠時間とされる時間の未払い賃金問題などについて交渉していた、静岡県内で介護事業所を運営する社会福祉法人と和解のはこびとなりました。介護に関する資格取得のための費用補助などについても合意。引き続き、法人と協力しながら、労働条件の維持向上に取り組んでいきます。
  • 一方的な降格・減給問題、未払い賃金問題、不当労働行為問題について労使紛争となっていた東京都内の葬祭業者と和解しました。労働審判、東京都労働委員会に不当労働行為救済申立中の事件、代理人の懲戒請求も含めて、全て取り下げて解決となります。
  • ハラスメント問題、雇い止め問題について交渉していた神奈川県内に事業所のある引越会社と和解しました。ハラスメントの再発防止策をとることでも合意しました。
4月
  • 社会保険未加入だった運送会社と和解!入社から3ヶ月が経たないと社会保険に加入させない、として社会保険未加入だった運送会社と部分和解を実現しました。引き続き組織化に取り組みます。
  • パワーハラスメント問題、未払い賃金問題について交渉していた、全国で介護事業所を運営する会社と和解しました。
  • ハラスメント問題について交渉していた東京都内のビルメンテナンス会社と和解しました。
  • 未払い賃金問題などについて交渉していた東京都内の派遣・コンサルティング会社と和解が成立しました。
  • 払い賃金問題、不当労働行為問題について交渉していた、介護施設を運営する群馬県内の企業と、過去の未払い賃金問題について、東京都労働委員会の不当労働行為救済申立の場で、和解が成立しました。
3月
  • 愛知県名古屋で「ふらり寿司」「お台所ふらり」を経営する株式会社プライムサービスと和解しました。労働時間短縮のための措置もとられることとなりました。名古屋地方裁判所での未払い賃金請求訴訟、東京都労働委員会での不当労働行為救済申立など、すべての紛争が解決しました。
  • 雇い止め問題について交渉していた東京都内のスポーツ団体と和解しました。
2月
  • 脅迫、賃金不払い問題などについて交渉していた神奈川県内の建設会社と、東京都労働委員会の不当労働行為救済申立の場で和解しました。
1月
  • ハラスメント問題、解雇問題について交渉していた東京都内のIT企業と和解しました。

2018年

12月
  • 未払い残業代問題、施設修理の弁償金天引き問題などについて交渉していた、千葉県内に本社のある運送会社と和解しました。
  • 未払い賃金問題、解雇問題などについて交渉中だった東京都内のIT企業と労使紛争の一切について和解しました。
11月
  • ハラスメント問題について交渉していた東京都内のIT企業と和解しました。会社のハラスメント研修についても提案をすることができました。
  • 急病により倒れたら解雇された問題、雨天により業務中止になった日の未払い問題などについて交渉していた神奈川県内の警備会社と和解しました。
  • 未払い残業代問題について交渉していた東京都内の運送会社と和解しました。
  • 山一運送株式会社が、組合員に対し、業務を非組合員と差別し、賃金を減額したとして、2018年10月3日に東京都労働委員会に不当労働行為救済申立(都労委平成30年不第72号事件)をした件で、山一運送株式会社と和解が成立しました。
  • 未払い賃金問題、解雇問題などについて交渉中だった埼玉県内の飲食店と解決金の支払いなどについて合意し、和解しました。
10月
  • 解雇問題について交渉していた東京都内の自動車販売会社と東京都労働委員会(不当労働行為救済申立)で和解しました。
  • ハラスメント問題、未払い残業代問題などについて交渉していた静岡県内に事業所のある運送会社と和解しました。
  • 社内の暴力行為、ハラスメント問題について交渉していた群馬県内に工場がある製造販売会社でハラスメント対策実現しました。
9月
  • 解雇問題について交渉中だった東京都内の資金調達会社と和解しました。
  • 未払い賃金問題などについて交渉中だった徳島県内に本社のある健康茶の販売会社と和解しました。
  • 解雇問題について交渉中だった神奈川県内のウェブメディア運営などを行う会社と和解しました。
  • 雇い止め問題について交渉中だった東京都内の電車の車両整備・製造を行う会社と和解しました。
  • 未払い賃金問題、解雇問題について交渉中だった東京都内のフォトジャーナリズム誌を発行・販売する出版社と和解しました。
  • 組合員2人の未払い賃金問題などについて交渉中だった東京都内の運送会社と和解しました。
  • 組合員3人の未払い賃金問題などについて交渉中だった東京都内の運送会社と和解しました。
  • ドライバーの未払い賃金問題などについて交渉中だった東京都内の紙の販売会社と和解しました。
  • 未払い賃金問題、交通事故の賠償金の負担を強いられた問題などについて交渉中だった東京都内の運送会社と和解しました。
  • 未払い賃金問題、労働者へ経費請求をされた問題などについて交渉していた都内バス会社と仮処分の場で和解しました。
8月
  • 東京都内のエネルギー関連会社と、会社が申し立てていた東京都労働委員会のあっせんの場で、ドライバーの未払い残業代問題について和解しました。
  • 香川県に本社がある運送会社と、未払い賃金問題について和解しました。
7月
  • 未払い賃金問題などについて交渉中だった東京都稲城市の清掃会社と東京都労働委員会(不当労働行為救済申立)で和解しました。
  • 未払い賃金問題、長時間過重労働の問題などについて交渉中だった東京都内の運送会社と団体交渉により、本人が納得する水準で和解が成立しました。
  • 未払い賃金問題について交渉中だった、香川県に本社がある運送会社と、団体交渉 によって、本人が納得する内容で和解が成立しました。
6月
  • 組合員の雇い止め問題などについて労使紛争となっていた西多摩運送株式会社と6月7日、東京都労働委員会で和解しました。
  • 未払い賃金問題などについて交渉中だった富山県に本社のある大手運送会社と和解しました。
5月
  • 社内のパワハラ問題への対応が不十分だったため早期退職を余儀なくされ交渉中だった都内食品工場と和解しました。
4月
  • 未払い賃金問題などについて交渉中の株式会社協和輸送(神奈川県横浜市)と4月4日、和解しました。
  • 配転問題などについて交渉中だった北海道内のIT系企業らと4月11日和解しました。
3月
  • 不当解雇問題について交渉中だった株式会社ACMと、労働審判手続きのなかで組合も利害関係人となり、東京都労働委員会に不当労働行為救済申立をしていた件も含め、納得いく水準での解決金支払いについて合意し、一括和解が成立しました。
  • 鳶工として働く労働者に対するパワーハラスメント問題、暴力問題、未払い賃金問題、賃金控除協定を締結せず、公序良俗にも反する給与天引きを行っていた問題(和解前に先行して返金実現)などについて交渉中で、組合員本人への直接交渉について東京都労働委員会に不当労働行為救済申立を行っていた株式会社宮内工業と、解決金支払いについて合意し、和解が成立しました。
    宮内工業問題とは→http://d.hatena.ne.jp/kumonoami/20180118/1516282131
  • 未払い賃金問題などについて交渉中の日の丸交通株式会社と賃金の一部支払いで合意し、残る未払い賃金問題について継続して協議し解決に向け努力することを確認しました。・神奈川県内の個人加盟ユニオンで神奈川県内の測量会社と取り交わした和解協定が履行されなかった問題をプレカリアートユニオンに加入し改めて交渉した件で、3月5日、和解が成立しました。
  • 不当解雇問題について交渉中だったロイックス(LOICX)チアダンススクールを運営するワールドスポーツコミュニティ(株)と3月29日に和解。復職を実現、サービス残業とされていた未払い賃金問題についても解決、今後の労働条件も整備しました。
2月
  • ファミリー引越センターと組合員に対し不利益取り扱いをしたとして不当労働行為救済申立をしていた件、及び組合に対し不誠実交渉を行ったとして不当労働行為救済申立をしていた件について、本日東京都労働委員会で和解しました。ファミリー引越センターとは、2016年に給与から天引きされた福利厚生費、事故を起こした際に天引きされた無事故家財等の手当の全額返還、未払い残業代問題について和解しています。
    http://d.hatena.ne.jp/kumonoami/20160714/1468508638
  • アリさんマークの引越社によるプレカリアートユニオン組合員に対する不当労働行為問題(2017年8月23日に東京都労働委員会にて、組合側勝利の不当労働行為救済命令が交付され、中央労働委員会で審査中)、及び、33人の組合員が原告となる弁償金返還、未払い賃金請求の集団訴訟(請求総額約2億4000万円)、未提訴の4人の請求も含む全ての未払い賃金問題、労使紛争について、2018年2月13日、中央労働委員会で和解勧告が出され、全面和解しました。3年間の闘いにひとまずの区切りをつけ、十分満足できる解決ができました。
    動画→https://www.youtube.com/watch?v=Dma5NNVdk1c
    和解条項→http://d.hatena.ne.jp/kumonoami/20180216/1518756645
1月
  • 未払い賃金問題で交渉中だった神奈川県内の測量会社と和解しました。

2017年

12月
  • 鴻巣アドバンス株式会社と未払い残業代問題、弁償金の本人負担問題などについて争っていた件で、東京都労働委員会の不当労働行為救済申立の場で和解
  • 未払い賃金問題について交渉中の東京都内のバス会社と東京都労働委員会の不当労働行為救済申立の場で、組合員1人分の未払い残業代問題について部分和解。残る4人の組合員の未払い残業代問題は交渉継続、提訴へ
  • 長時間過重労働、パワーハラスメントによる労災問題、未払い賃金問題について交渉していた千葉県内に本社のある運送会社と和解。会社は、長時間労働の是正、パワハラの再発防止に血取り組むことも約束。当該組合員は1年間ほど、他の労働組合で交渉し、納得できずプレカリアートユニオンに加入し、早期に和解実現
  • 未払い残業代問題について交渉中の運送会社、三信運輸有限会社と和解。これからも健全な労使関係を築けるよう尽力する
  • 解雇問題について交渉中だった神奈川県内のレジャー施設と和解
  • 未払い賃金問題、弁償金の負担を強いられた問題で交渉中だった栃木県内の運送会社と和解。運転中、過労で事故を起こしてしまったところ、会社から事故の損害賠償を求められ、社長からは、家を売ってでも払えと言われ、もう生きていられないとのメール相談がきっかけ。会社は弁償金の請求を放棄。会社側が未払い賃金を支払って解決
11月
  • 障害者雇用の従業員に対するハラスメント問題、退職勧奨問題について交渉していた都内アパレル会社と、東京都労働委員会の不当労働行為救済申立の場で和解。会社は、従業員に謝罪し、組合員が十分納得できる解決金の支払いに同意
10月
  • 残業代不払い問題について交渉中の埼玉県内の消防設備点検・工事会社と、不当労働行為(団交拒否)救済申立をしていた東京都労働委員会で和解
  • 未払い賃金問題、不当労働行為問題などについて交渉中だった、静岡県沼津市内で介護事業所を運営する株式会社万次郎と和解
  • 長時間過重労働により退職を余儀なくされた件、残業代不払い問題などで交渉中だった都内ほかで飲食店を経営する会社と和解。会社は、従業員の労働時間を正しく把握し、長時間労働の是正策を真摯に講じる努力をすることも約束
9月
  • 未払い賃金問題などについて交渉していた神奈川県内のIT企業と和解。当該組合員は、組合が貸与したトランジスターメガホンで、社前行動に取り組むなど奮闘
8月
  • 有限会社伊奈運輸と不当労働行為(不誠実交渉)問題について東京都労働委員会で和解。未払い賃金請求の集団訴訟は継続
  • 残業代不払い問題、有給休暇取得妨害、介護施設利用者に対する介護サービスの質などで交渉中の静岡県内に介護事業所のある介護施設運営会社と和解
  • 解雇問題について交渉していた企業信用調査会社と、当該組合員が納得できる水準で和解
  • 労災事件について交渉していた田口運送株式会社と解決金の支払いを受けることで合意し、和解(「田口運送判決」の残業代事件とは別件。残業代事件の当該組合員は在職で和解済み)
  • 配転問題について交渉していた都内タクシー会社と和解
7月
  • 解雇問題、残業代不払い問題などについて、不当労働行為(団交拒否)救済申立をしていた東京都労働委員会で、株式会社ラッキーバスと和解
6月
  • 解雇問題で静岡県内で介護事業所を運営する株式会社万次郎と和解。職場復帰実現
  • 未払い残業代問題で千葉県内に本社がある運送会社と和解し、今後の労働条件についても合意
5月
  • 解雇問題で介護サービス会社のメディカル・ケア・サービスと和解
  • アリさんマークの引越社シュレッダー配転訴訟勝利和解(2017年5月24日、東京地裁)
  • パワハラ問題、不当配転問題で中古車販売業の株式会社リプロワールドと和解
  • 未払い残業代問題で千葉県内に本社がある運送会社と和解
4月
  • 事業譲渡に伴う補償について静岡支部オアシス分会(介護事業所)で和解。雇用継続しクローバー分会に
  • 解雇問題で東京都内の食品会社と和解
  • 街宣禁止などの仮処分を申し立てられた件でアリさんマークの引越社(株式会社引越社関東、株式会社引越社、株式会社引越社関西)と和解
3月
  • 処遇改善加算不払い問題などについて静岡支部オアシス分会(介護事業所)で和解
  • 退職勧奨問題、未払い賃金問題などで交渉していた東京都内の社会福祉法人と和解
  • 長時間労働による労災問題などについて明豊物流株式会社と和解
  • 雇い止め/解雇問題について東京都内の損害保険会社と和解
  • 明成物流残業代請求訴訟勝利和解(2017年3月28日、さいたま地裁)
2月
  • 育児ハラスメント裁判で和解したクレアーズ日本株式会社と東京都労働委員会で不当労働行為問題でも和解
  • 未払い残業代問題、弁償金問題で交渉していた広島県に本社のある運送会社と和解
  • 未払い残業代問題で交渉していた千葉県内に本社がある運送会社と和解
1月
  • 未払い残業代問題などで交渉していた千葉県内の運送会社と和解
  • 未払い残業代問題で交渉していた千葉県内に本社がある運送会社と和解
  • 退職勧奨、ハラスメント、不当労働行為問題でで都内食品会社と和解
  • クレアーズ日本育児ハラスメント裁判勝利和解(2017年1月11日、東京地裁)
  • 未払い賃金問題で交渉していた東京都内の家庭教師派遣会社と和解

2016年

12月
  • 解雇問題などについて交渉中の静岡県内の非営利団体と和解
  • 明豊物流株式会社の長時間労働、パワハラ問題で労災認定
  • 未払い賃金問題、労災問題などで交渉中だった都内タクシー会社と和解
  • 不当労働行為問題、不当配転問題などで交渉中の社会福祉法人未来・ねりまと和解
  • 不当な処遇をめぐって交渉中だった千葉県内の税理士事務所と和解
  • 未払い賃金問題で交渉中の神奈川県内の旅館と和解
11月
  • 未払い賃金問題などについて交渉中の都内社会福祉法人と和解
  • 田口運送株式会社(田口精一代表取締役)で長時間労働により脳出血を発症した4トン車ドライバーが労災認定
  • 未払い残業代問題について交渉中だった千葉県内に本社がある運送会社と和解
10月
  • 雇い止め/解雇問題で紛争中だった都内の社会福祉法人と和解
  • 不利益変更・残業代不払い問題で交渉中の神奈川県内の新聞販売店と和解
  • 不当配転・未払い賃金問題について交渉中だった都内運送会社と和解
  • 観光旅館の未払い賃金問題などについて和解!
  • 未払い残業代問題について交渉中だった千葉県内に本社がある運送会社と和解
9月
  • 労災問題について交渉中の神奈川県内の中古車販売会社と和解
  • スワロートラック求人詐欺裁判勝利和解
  • 未払い残業代について交渉中の千葉県に本社のある運送会社と和解
  • 賃金不払い問題について交渉中の神奈川県内のキャバクラと和解
8月
  • 未払い残業代について交渉中の千葉県内の金属加工・再生資源輸送を行う会社と和解
  • 不当解雇問題について交渉中だった埼玉県内の造形物の制作会社と和解
  • 都内食品会社で不利益変更について交渉していた件で和解
7月
  • 不当解雇問題について交渉中の都内小売業の会社と和解
  • 不当な配置転換、不利益変更、残業代不払い問題について交渉中の神奈川県内の会社と和解
  • 雇い止め問題について交渉中の都内IT企業と和解
  • 未払い残業代問題について交渉中の千葉県内の運送会社と和解
  • パワーハラスメント、退職強要問題について交渉中だった都内の会社と和解
  • アルバイトとして採用後、一方的に採用を取り消した企業と和解
  • ハラスメント問題で交渉中の都内コンビニ経営会社と和解
  • 小売店の解雇問題と未払い賃金問題を解決。
  • ファミリー引越センター支部未払い残業代問題和解
  • 破産手続き中の神奈川県内の運送会社と和解
  • ハラスメント問題未払い賃金問題などで交渉中の都内印刷会社と和解
  • 未払い賃金問題で交渉中の都内ゲーム会社と和解
6月
  • 未払い賃金問題、不当天引き問題について交渉していたウェーブリンク株式会社と和解
5月
  • 明成物流株式会社、永田紙業株式会社と不当労働行為問題で東京都労働委員会で和解
  • ファミリー引越センター天引き分の返還を実現
4月
  • ハラスメント問題で交渉中の社会保険労務士事務所と和解
  • 過労死事件について交渉中だったバス会社と和解
2月
  • 雇い止めをめぐって交渉中の派遣会社、弁償金の天引きなどをめぐって交渉中の都内運送会社と和解
  • 不当解雇問題で交渉中だった都内の健康食品会社と和解
1月
  • 未払い残業代問題などについて交渉中だった千葉県内の運送会社と和解
  • 不当解雇問題について都内の介護事業所運営会社と和解

2015年

12月
  • 定年後再雇用(有期雇用契約)の雇い止め問題について都内販売会社と和解
8月
  • ハラスメント問題に端を発した、退職強要問題、不当労働行為問題で都内大手派遣会社と和解
  • 残業代の支払いについて交渉中だった愛知県内の運送会社と関連する神奈川県内の派遣会社と和解
7月
  • ハラスメント問題をめぐって交渉していた神奈川県内の会社と和解
4月
  • 賃金不払い問題、支配介入問題などについて交渉・労働委員会申し立てをしていた都内の運送会社と和解
3月
  • 破損した荷物・車両事故の弁償金問題などで交渉中の引越会社と相次いで和解
2月
  • 破損した荷物・車両事故の弁償金問題などで交渉中の引越会社と相次いで和解

2014年

12月
  • 未払い賃金問題などについて交渉中だった千葉県内の運送会社と交渉・争議を経て和解
  • 残業代不払い問題などで交渉中の都内の運送会社と和解
11月
  • セクシュアルハラスメント事件で交渉中の会社と和解
9月
  • 未払い残業代を請求して交渉中だった株式会社鵬紙業と和解
  • 退職勧奨問題で交渉中だった都内商社と和解
8月
  • 車両修理代弁償・残業代未払い問題で都内運送会社と和解
5月
  • 長距離ツアーバス運転手の過労死事件で労災認定
4月
  • 違法派遣などの問題で交渉していた東京都内の派遣元・派遣先と、和解
  • 就労中に他従業員から受けたパワーハラスメントなどに関する労災問題で交渉していた神奈川県内の会社と和解
2月
  • 組合加入後、一部の業務から外され、手当が不支給となった不当労働行為問題で都内運送会社と和解

2013年

12月
  • 未払い残業代の支払いなどをめぐって交渉中の神奈川県内の運送会社で、賃金の一部支払いを実現。倒産状態にあるため、未払い賃金の立て替え払い制度を利用しながら、会社再建を支え、残りの未払いについても交渉を継続
  • 残業代不払い問題で交渉中の都内飲食店経営会社と和解
  • 社会保険未加入だった都内運送会社でパートも含めた社会保険の加入を実現
11月
  • 団体交渉を拒否していた運送会社と和解。今後は誠実に団体交渉をすることを約束
8月
  • 雇い止め問題で交渉中の都内企業と和解
  • 未払い残業代問題について交渉中だった飲食店と和解
6月
  • 解雇問題について交渉中だった施設管理関連会社と和解
5月
  • 雇い止め問題で交渉中だった都内清掃会社で雇い止め撤回
  • 未払い残業代問題について交渉中だった都内運送会社と和解
4月
  • 雇い止め問題について交渉中だった都内福祉事業所と和解
  • 解雇問題などについて交渉中だった都内スポーツ関連事業所と和解

2012年

11月
  • 未払い賃金問題について交渉中の介護事業所と和解
10月
  • 就業中のトラブルについて交渉中だった都内介護事業所と和解
9月
  • 解雇問題について交渉中だった都内IT関連会社と和解。雇用保険訴求加入も実現

残業代不払い、解雇、ハラスメント…1人で悩まず相談を!

03-6273-0699

(月~土 10時~19時)

プレカリアートユニオンは、非正規雇用・不安定雇用でも過酷な勤務を強いられる正社員でも、
職場、雇用形態、年齢を問わず、誰でも1人から加入できる労働組合です。
加入時に加入金3000円と組合費2ヶ月分を前納していただきます。毎月の組合費は年収によって変わります。
年収140万円未満は月1000円、年収140万円から360万円未満は月2000円、年収360万円以上は月3000円です。