ブラック企業と闘う労働組合 プレカリアートユニオン

LINE労働相談始めました!
詳しくは右のアイコンをクリック
lineアイコン

03-6273-0699

(月~土 10時~19時)

非正規雇用・若年正社員、働く人の駆け込み寺から砦へ、プレカリアートユニオン。正社員、契約社員、派遣、パート、アルバイト、雇用形態を問わず、誰でも、1人でも入れる、労働組合

運送・引越会社、飲食店などでの仕事上の事故やミスを理由に負担させられた弁償金を取り戻そう。給与天引きは違法。自腹購入も必要なし。

固定残業代制の悪用、サービス残業などによる未払い残業代を請求しましょう。未払い残業代も含む労働債権は2年で時効になるので、早めにご相談を。

更衣室やトイレが利用しづらい、セクシュアリティに関わる噂をされる、といった、LGBTQsが直面する職場での悩みを解決しましょう。

【粟野興産(株)からのプレカリアートユニオンに対するスラップ訴訟再びの完全勝利判決!5月17日・東京高裁で ※粟野興産(株)は上告は出ず、判決が確定しました。】

 組合員の不当解雇問題などで労使紛争中の粟野興産株式会社(宮崎忠利代表取締役/栃木県鹿沼市)から、プレカリアートユニオンと当該組合員が、2018年7月にスラップ訴訟(恫喝・嫌がらせ目的の訴訟)を起こされていた件で、2021年5月12日には、東京地方裁判所で、「原告の請求をいずれも棄却する。訴訟費用は原告の負担とする。」という完全勝利判決が出されました。

 粟野興産(株)が控訴していましたが、このほど2022年5月17日、東京高等裁判所で、再び、「本件控訴をいずれも棄却する。控訴費用は控訴人の負担とする。」というプレカリアートユニオン側の完全勝利判決が出されました。別紙の判決文を添付します。

 粟野興産(株)は、プレカリアートユニオンが、街宣活動をしたことや会社の関係先に組合員の労働問題の解決を要請する文書を送付したことについて、1000万円もの多額の損害賠償を請求して東京地裁に提訴し、会社の請求を全て棄却する地裁の判決が不服だとして控訴していましたが、東京高裁でも棄却されました。

 東京高裁の判決では、粟野興産(株)が、プレカリアートユニオンに対して、労働組合法2条所定の「労働組合」に該当しないと言いがかりをつけていたことについても、法適合組合であることが明らかとし、粟野興産(株)の主張を全て退けています。一方、街宣活動のなかで、組合員が発言した内容については、真実相当性が認められる、としました。

 粟野興産(株)は、違法にプレカリアートユニオンとの団体交渉を拒否しており、この不当労働行為(団体交渉拒否)については、不当労働行為救済申し立てをしていた東京都労働委員会にて、2021年3月に、団体交渉応諾を命じる命令が出されています。
https://www.toroui.metro.tokyo.lg.jp/image/2021/meirei31-25_besshi.html

 粟野興産(株)は、プレカリアートユニオンに対する不当労働行為やスラップ訴訟をやめ、速やかに労使紛争を解決するべきです。
※粟野興産(株)は上告は出ず、判決が確定しました。

 

【元組合員宮城史門(前田史門)氏がプレカリアートユニオンに対し拠出金の返還を請求し た訴訟で、プレカリアートユニオンが勝利しました 5月24日・東京地裁で】

 2022年5月24日、東京地方裁判所が、元組合員の宮城史門(前田史門)氏が、プレカリアートユニオンに対して拠出金の返還などを請求していた訴訟において、プレカリアートユニオン側の勝利判決を言い渡しました。原告の宮城氏の主張をすべて退け、「原告の請求をいずれも棄却する。訴訟費用は原告の負担とする。」とする判決です。代理人は、東京法律事務所の井上幸夫弁護士、平井康太弁護士です。

 判決では、宮城氏が元雇用主であった2社との間で「意に反する内容の和解を成立させ」「精神的苦痛を与えた」と主張し、慰謝料を請求していることについて、「自ら納得して和解を成立させた」、「審尋期日に自ら出頭して」「和解を成立させた」ことから、意に反して和解を成立させるという不法行為を行ったとの事実は認められないと判断。

 宮城氏が、プレカリアートユニオンにアルバイトとして雇用されていたという主張を前提として、プレカリアートユニオンに違法に懲戒解雇されたなどと主張していることについては、「録音反訳や計算シートへの入力の報酬として『行動費』を支払っていたとの事実は認められるものの、原告はこれらの作業を任意の日や時間に行っていたものであって、被告の指揮命令下でこれらの作業を行っていたとは認められないこと、源泉徴収等はされておらず、『行動費』が賃金として支払われたと認めるに足りる客観的な証拠は存しないことなどからすると、『行動費』は準委任契約に基づく報酬(手間賃)等として支払われていたと見るのが自然」、として「直ちに原告が被告のアルバイトとして雇用されていたということはできない。」「被告に違法に懲戒解雇されたとの原告の上記主張は、その前提を欠き、採用することができない」と判断しました。

 その上で、プレカリアートユニオンが宮城氏を「DMUなる労働組合を結成して被告に対して分派活動を行ったことを理由として」、「1年間の権利停止の制裁を科すことを決定し、その旨を記載した本件書面を、被告の事務所入り口に約1ヶ月間掲示した」ことにより名誉を毀損し精神的苦痛を与えたと主張して慰謝料を請求していた件については、「権利停止の制裁を課したことを被告の組合員に告知するためにした、労働組合の組織運営に関する正当な行為にほかならず、不法行為を構成するものということはできない。」と判断しました。

 さらに、宮城氏の元雇用主である2社との間で和解をした際に、プレカリアートユニオンが解決金から拠出金を得たことなどについて、宮城氏が弁護士法72条に違反するいわゆる非弁行為だと主張していることについて、「労働組合である被告が組合員のために組合員の雇用主と団体交渉等を行って和解を成立させることは、みだりに他人の法律事務に介入する行為ということはできないし、これによって組合員その他の関係者の利益を損ねたり、法律生活の公正かつ円滑な営みを妨げるものとはいえないから、弁護士法72条所定の『法律事務を取り扱』うことには当たらないものというべきであり、原告の上記主張は採用することができない。」、つまり非弁ではないと判断しました。

 なお、宮城氏がプレカリアートユニオンは法適合組合ということはできないと主張していたことについては、宮城氏の上げる種々の事情を踏まえても、プレカリアートユニオンが組合員のために組合員の雇用主と団体交渉等を行って和解を成立させることが弁護士法72条所定の「法律事務を取り扱」うことには当たらないとの認定判断を左右するものとはいえないし、「原告の指摘する事情は、東京都労働委員会の資格審査により被告が法適合組合であると認定されているとの事実」に鑑みても、「法適合組合であることを否定するものとはいえず」、「いずれも採用することができない。」、つまり非弁ではないと判断しました。

 2021年12月24日には、東京地方裁判所が、プレカリアートユニオンと執行委員長の清水直子が、DMU総合研究所(DMU民主一般労働組合から名称変更)と宮城史門(前田史門)氏を被告として提訴した名誉毀損訴訟において、被告側の主張をすべて退け、DMU総合研究所及び、宮城史門氏に損害賠償金を支払うことを命じる、プレカリアートユニオンと執行委員長の清水にとっての勝利判決が出されています。

 組合活動の一部に行動費を支払ったことがあったとしても宮城氏とプレカリアートユニオンは雇用関係になかったことが認められ、プレカリアートユニオンが組合員のために雇用主と交渉を行うことが非弁行為ではないと認められました。闘う労働組合、個人加盟のユニオンへのレッテル貼りや使用者による悪宣伝が行われていることに鑑み、今回の完全勝利判決は、意義深いものだといえます。今後もプレカリアートユニオンに対する不当な請求や誹謗中傷については、代理人と相談しながら適切な対応を行っていきます。

【DMU総合研究所(DMU民主一般労働組合から名称変更)と宮城史門(前田史門)氏に対する名誉毀損訴訟で、プレカリアートユニオンの完全勝利判決が出されました】

 2021年12月24日、東京地方裁判所が、プレカリアートユニオンと執行委員長の清水直子が、DMU総合研究所(DMU民主一般労働組合から名称変更)と宮城史門(前田史門)氏を被告として提訴した名誉毀損訴訟において、判決を言い渡しました。被告側の主張をすべて退け、DMU総合研究所及び、宮城史門氏に損害賠償金を支払うことを命じる判決でした。プレカリアートユニオンと執行委員長の清水にとって、完全勝利といってよい内容です。原告代理人は、リンク総合法律事務所の山口貴士弁護士、佐々木大介弁護士です。

 判決では、DMUのウェブサイト上の記事について、「原告組合がアルバイトとして雇用している者に対して残業代を支払わないこと、原告組合への拠出金が間接的に反社会的勢力や暴力団の資金源になっていること、原告組合が組合員に無断で和解協定をするなどの非弁活動を行っていることを表現するものであり、その主張に係る事項は証拠等をもってその存否を決することが可能であることからすれば、上記表現に相当する事実が摘示されているものと認められる。」「そして、上記摘示事実は、一般の読者の普通の注意と読み方とを基準にすれば、原告組合は、雇用しているアルバイトに対して支払うべき賃金を支払っておらず、原告組合に対する拠出金を反社会的勢力に流している上、組合員の意思に反する非弁活動も行っているとの印象を与え、原告組合の社会的評価を低下させるものといえる。」と判断しました。

 また、被告は、「連帯ユニオンは平成29年頃、東京高等裁判所において反社会的な活動を行う集団であると認定されていたところ」(プレカリアートユニオンが連帯ユニオン近畿トラック支部と全日本建設運輸連帯労働組合にカンパしたことについて)「原告組合と反社会的勢力との関係が存することが真実である旨信じるにつき相当な理由がある」と主張していました。

 これに対して、判決では、「関西地区生コン支部らが原告となり、株式会社宝島社らを被告として提訴した損害賠償等請求事件において、東京高等裁判所が、関西地区生コン支部が反社会的な活動を行うことのある集団であるとの事実について株式会社宝島社らにおいて真実であると信じるにつき相当な理由があると判決中で説示しており、同判決は、最高裁判所の上告棄却及び上告不受理決定により確定していることがそれぞれ認められる。」「しかしながら、上記判決は、関西地区生コン支部が反社会的な活動を行うことのある集団であることを認定したものではなく、飽くまで株式会社宝島社らにおいて当該事実が真実であると信じるにつき相当な理由がある旨説示したものにすぎず、関西地区生コン支部と連帯ユニオン近畿トラック支部等を直ちに同視し得るか否かも判然としない上、被告らが投稿1及び2を行うに際して上記判決に依拠したとは認めがたいところであり(弁論の全趣旨)、そのほかに原告らと反社会的勢力との関係を認めるに足りる証拠はないことからずれば、選定者において、上記事実の重要な部分を真実と信ずるにつき相当な理由があるとも認めがたい。」と判断しました。

 さらに、DMUのツイッターで、プレカリアートユニオンについて、解決金を「組合員に1円も渡さない(100%ピンハネ)の事例に遭遇してしまいました」と書いたことについて、判決では、「和解協定書の当事者は飽くまで原告組合であり」「全額を■■が受領できるものとすることにも合理性がない」として、「真実であると信じることにつき相当な理由があるとまでは認められない。」と判断しました。

 裁判所は、上記のような主な投稿に関する判断を含めて、DMUによる各投稿について「違法性ないし責任の阻却事由を認めることはできない」と判断し、損害賠償金と訴訟費用の一部の支払いを命じました。

 昨今、闘う労働組合に対して「反社会的勢力」というレッテル貼りが行われていることに鑑み、今回の完全勝利判決は、意義深いものだといえます。今後も、プレカリアートユニオンに対する誹謗中傷については、代理人と相談しながら、適切な対応を行っていきます。

2021年12月28日
プレカリアートユニオン
執行委員長 清水 直子
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
ユニオン運動センター内
TEL03-6273-0699
FAX03-4335-0971

【 映画『アリ地獄天国』に出演している当該組合員について、インターネット上や書籍で「組 合内でパワハラにあっていた」「意思に反して退職和解を強制された」などと書いている人がいることについて、当該組合員は、そのような事実はなく、3年にわたる闘いを今も誇りに思っている、とコメント 】

 映画『アリ地獄天国』に出演している当該組合員について、インターネット上や書籍で「組合内でパワハラにあっていた」「意思に反して退職和解を強制された」などと書いている人がいますが、事実ではありません。当該組合員も、そのような事実はなく、3年にわたる闘いを今も誇りに思っている、とコメントしています。誤解のないようによろしくお願いいたします。

 【私がプレカリアートユニオン組合員として、大手引越会社との労使紛争を闘った様子を記録したドキュメンタリー映画『アリ地獄天国』が、公開されました。

 インターネット上で、私がプレカリアートユニオンのなかでパワーハラスメントにあったとか、意思に反して退職和解を強制されたと書いている人がいますが、そのような事実はありません。

 私は、家庭の事情などから、積極的に組合活動に関わることはできていませんが、この3年にわたる闘いを今も誇りに思っています。

 ぜひ多くの方に『アリ地獄天国』をご覧いただき、職場で理不尽なことがあったときの「正しいキレ方」を知っていただければ幸いです。

2021年9月14日
プレカリアートユニオン
組合員 西村有

職場でこんな悩みを抱えていませんか?

残業代がもらえない

残業代がもらえない
固定残業代制の悪用、サービス残業などによる未払い残業代を請求しましょう。未払い残業代も含む労働債権は2年で時効になるので、早めにご相談を。

弁償金返還請求

弁償金返還請求
運送・引越会社、飲食店などでの仕事上の事故やミスを理由に負担させられた弁償金を取り戻そう。給与天引きは違法。自腹購入も必要なし。

セクハラ・パワハラ

セクハラ・パワハラ
セクシュアルハラスメント・パワーハラスメントによって心身にダメージを受けたり、退職に追いやられたりする前に、一刻も早く相談を。録音などの証拠があれば有利。使用者には、ハラスメントを防ぐ責任があります。

労災

労災
「仕事のため」にけがをしたり病気になったりした場合は、労災保険で対応します。休業補償も後遺障害の補償もあり。通勤途中のけがも労災保険で補償。

LGBT・セクシュアルマイノリティ

LGBTQs
更衣室やトイレが利用しづらい、セクシュアリティに関わる噂をされる、といった、LGBTQsが直面する職場での悩みを解決しましょう。

労働組合を作りたい

労働組合を作りたい
憲法や労働組合法で、労働組合を作る権利、団体交渉をする権利、組合活動(争議)をする権利などが認められています。労働者にとっての最大の武器は労働組合。職場にプレカリアートユニオンの支部を作って労働条件を改善しよう。

求人詐欺

求人詐欺
求人広告の内容が、実際の給料、休日、労働時間と違う・・・。固定残業代制を悪用し、最初から低い条件で雇うつもりで、求人票や求人広告にいい条件を提示するのは論外。

有給休暇・社会保険

有給休暇・社会保険
半年フルタイムで働けば1年に10日、給料をもらって休める有給休暇を取得できます。社会保険(厚生年金保険、健康保険)は、要件を満たす労働者を加入させるのが使用者の義務。

解雇・リストラ・雇い止め

解雇・リストラ・雇い止め
合理的な理由のない解雇は、違法・無効。経営上の理由でリストラをする場合は、要件を満たす必要があります。繰り返し契約更新していれば、有期雇用でも簡単に雇い止めはできません。まずは相談を。

プレカリアートユニオンへの相談から解決まで

プレカリアートユニオンへの相談から解決までの流れ図

最新情報

プレカリアートユニオンブログはこちら

プレカリアートユニオンは、誰でも一人でも入れる労働組合です。

プレカリアートユニオンは、
雇用が不安定な有期雇用・非正規雇用も、職場のつながりが希薄な若年正社員も、在職で労働条件向上に取り組もうと結成した労働組合です。

残業代不払い、解雇、ハラスメント…1人で悩まず相談を!

03-6273-0699

(月~土 10時~19時)

新着情報

お知らせ
2022/08/26

2022年6月、7月の解決実績一覧を作成しました。
https://www.precariat-union.or.jp/case/solved.html

お知らせ
2022/08/26

警備会社のテイケイ(株)による、プレカリアートユニオン役員、組合員、組合員の自宅などへの誹謗中傷文書送付、団体交渉拒否などの不当労働行為について、東京都労働委員会が救済命令を交付しました。テイケイの行為が、不当労働行為であると認められました。
https://www.toroui.metro.tokyo.lg.jp/image/2022/meirei2-40_besshi.html

お知らせ
2022/08/26

ユニオン・合同労組連絡会主催の「オルガナイザー養成講座」が開講しました。2022年7月30日に開催した第1回目「労働相談を受けられるようになる」をプレカリアートユニオン執行委員長の清水直子と書記長の稲葉一良が担当しました。同講座は、次世代のユニオン・合同労組の組織化の担い手を養成し、実践的な力をつけることを目指して来年の2023年3月まで5回のプログラムで開催されます(無料、要申込み)。講演部分のみプレカリちゃんねるで公開します。
https://youtu.be/ymbXTbkBBXs

お知らせ
2022/08/26

セクシュアリティに関わらず誰もが安心して働ける職場にしよう、を合い言葉に、プレカリアートユニオンが、「LGBTQ+労働相談応援ライブ&&トーク第2弾」を8月11日、組合事務所近くの新宿のインド料理レストラン「パペラ」で開催しました。当日の動画は、プレカリアートユニオンのYouTubeちゃんねるで近日中に公開予定する予定です。
写真はこちら→https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2022/08/12/192332

メディア掲載
2022/08/26
みんなの労働相談(2022年7月14日)に「大手警備会社テイケイが退職強要、被害者はユニオンに加入して問題を解決。「労働組合」のメリットとは?」の記事が掲載されました。
https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2022/07/14/194530
お知らせ
2022/08/26

2022年6月、7月の解決実績一覧を作成しました。
https://www.precariat-union.or.jp/case/solved.html

お知らせ
2022/08/26

警備会社のテイケイ(株)による、プレカリアートユニオン役員、組合員、組合員の自宅などへの誹謗中傷文書送付、団体交渉拒否などの不当労働行為について、東京都労働委員会が救済命令を交付しました。テイケイの行為が、不当労働行為であると認められました。
https://www.toroui.metro.tokyo.lg.jp/image/2022/meirei2-40_besshi.html

お知らせ
2022/08/26

ユニオン・合同労組連絡会主催の「オルガナイザー養成講座」が開講しました。2022年7月30日に開催した第1回目「労働相談を受けられるようになる」をプレカリアートユニオン執行委員長の清水直子と書記長の稲葉一良が担当しました。同講座は、次世代のユニオン・合同労組の組織化の担い手を養成し、実践的な力をつけることを目指して来年の2023年3月まで5回のプログラムで開催されます(無料、要申込み)。講演部分のみプレカリちゃんねるで公開します。
https://youtu.be/ymbXTbkBBXs

お知らせ
2022/08/26

セクシュアリティに関わらず誰もが安心して働ける職場にしよう、を合い言葉に、プレカリアートユニオンが、「LGBTQ+労働相談応援ライブ&&トーク第2弾」を8月11日、組合事務所近くの新宿のインド料理レストラン「パペラ」で開催しました。当日の動画は、プレカリアートユニオンのYouTubeちゃんねるで近日中に公開予定する予定です。
写真はこちら→https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2022/08/12/192332

お知らせ
2022/06/08

2022年5月の解決実績一覧を作成しました。
https://www.precariat-union.or.jp/case/solved.html

解決事例
2022/05/19

2022年1月、2月、3月、4月の解決実績一覧を作成しました。
https://www.precariat-union.or.jp/case/solved.html

解決事例
2021/12/27

2021年12月の解決実績一覧を作成しました。
https://www.precariat-union.or.jp/case/solved.html

解決事例
2021/12/27

DMUと宮城史門(前田史門)氏に対する名誉毀損訴訟でプレカリアートユニオンの完全勝利判決
https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2021/12/24/224840

解決事例
2021/12/20

2021年11月の解決実績一覧を作成しました。
https://www.precariat-union.or.jp/case/solved.html

解決事例
2021/11/15

イースタンエアポートモータース株式会社と東京都労働委員会で不当労働行為救済命令申立事件について和解!
イースタンエアポートモータースで働く皆さん、未払い賃金問題の解決、配車差 別の是正に取り組もう。
https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2021/11/12/210348

メディア掲載
2022/08/26
みんなの労働相談(2022年7月14日)に「大手警備会社テイケイが退職強要、被害者はユニオンに加入して問題を解決。「労働組合」のメリットとは?」の記事が掲載されました。
https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2022/07/14/194530
メディア掲載
2022/08/26
東洋経済オンライン(2022/08/25 6:00公開 ボクらは「貧困強制社会」を生きている 「発達障害男性の同僚」が追い詰められた深刻事情「ありがとう」「ごめんなさい」がなぜ言えないか)でプレカリアートユニオンが取材に協力した記事が公開されました。発達障害を持つ仲間とともに働く職場としてのプレカリアートユニオン、という切り口で取材に応じています。
https://toyokeizai.net/articles/-/611825
メディア掲載
2022/06/08
週刊東洋経済2022年5月21日号の物流特集にプレカリアートユニオン組合員が取材に協力した記事が掲載されました
https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2022/05/15/164905
メディア掲載
2022/06/08
朝日新聞にプレカリアートユニオンの組合員が取材に対応した「アカウントが急に「消えた」 困惑するギグワーカー、失業で無収入も」の記事が掲載されました。執行委員長の清水もコメントしています。
https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2022/06/04/034800
メディア掲載
2022/05/19
2022年3月2日にライブ配信された、インターネット放送のニューズオプエドに執行委員長の清水直子が出演しました。
https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2022/03/08/124421

お知らせ一覧

プレカリアートユニオンは、非正規雇用・不安定雇用でも過酷な勤務を強いられる正社員でも、
職場、雇用形態、年齢を問わず、誰でも1人から加入できる労働組合です。